芸能ニュースランキング:1位はKARA再始動 2位は春の褒章・叙勲 3位はAKB48の新作

テレビ
活動を再開したKARA

 13~18日に放送されたワイドショーで最も長時間取り上げられた芸能の話題は、韓国の5人組ガールズグループ「KARA(カラ)」の活動再開のニュースだったことが、テレビ番組のリサーチやマーケティングの調査会社「エム・データ」の調べで明らかになった。2位は、「春の褒章・叙勲」のニュース。3位は、アイドルグループ「AKB48」のアルバム「ここにいたこと」についての話題だった。

 調査は、期間中にNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放送された朝のワイドショーとニュース番組で、芸能に関連する話題の放送時間を合計した。

 1位の「KARA再始動」は、1月にグループの分裂騒動が起こり、活動を休止していたKARAが、11日にソウルで行ったファンミーティングで活動を再開し、解散騒動について謝罪。また、再始動後に初来日してNTTドコモの11年夏モデル「Optimus bright L-07C」(LG)の発売記念イベントにも参加した。放送時間は計57分51秒だった。

 2位は、東日本大震災の影響で延期になっていた「春の褒章」の受章者を発表したニュース。俳優の柄本明さん、劇作家の野田秀樹氏が紫綬褒章、ソムリエの田崎真也さんが黄綬褒章、海部俊樹元首相が桐花大綬章、若林正俊元農相らが旭日大綬章、女優の浅丘ルリ子さんが旭日小綬章を受章した。放送時間は計41分7秒だった。

 3位は、AKB48の話題だった。8日発売のアルバム「ここにいたこと」が、発売初週に60万1000枚を売り上げ、オリコンアルバム週間ランキングで初登場首位を獲得した話題やAKB48やSKE48、NMB48のメンバー16人が台湾のグラミー賞と呼ばれる音楽賞の授賞式に参加した話題なども放送された。放送時間は計40分46秒だった。

 エム・データは、東京、名古屋、大阪地区のテレビ局で放送された番組やCMを、専門スタッフが実際に見て、テレビ番組やCMをテキスト化、データベース化して「TVメタデータ」を構築している。(毎日新聞デジタル)

 4位以下は次の通り(敬称略)。

 4位 織田裕二・15年ぶりに「サンテFX」のCMキャラクターに

 5位 映画「うさぎドロップ」特別試写会

 6位 AKB48・江口愛実が江崎グリコ新CMに出演

 7位 AKB48・日本赤十字社献血啓発ライブ

 8位 氷室京介・震災チャリティーライブ

 9位 Superfly・ニューアルバム発売

10位 Notyet・新曲プロモーションビデオ完成

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る