AKB48:秋元ら“チームU”が登場 研究生5人は“ウルトラマンサーガ応援隊”に

映画「ウルトラマンサーガ」の完成披露3Dプレミア試写会に登場した(左から)AKB48の宮澤佐江さん、秋元才加さん、DAIGOさん、つるの剛士さん、杉浦太陽さん
1 / 1
映画「ウルトラマンサーガ」の完成披露3Dプレミア試写会に登場した(左から)AKB48の宮澤佐江さん、秋元才加さん、DAIGOさん、つるの剛士さん、杉浦太陽さん

 特撮映画「ウルトラマンサーガ」(おかひでき監督)の完成披露3Dプレミア試写会が20日、東京都内で行われ、主演のDAIGOさんらとともに、同作で地球防衛隊「チームU」として出演する人気アイドルグループ「AKB48」の秋元才加さんら7人が登場。DAIGOさん演じる青年タイガ・ノゾムが変身する「ウルトラマンゼロ」らウルトラ戦士も集結し、「チームU」のリーダー役の秋元さんは、「改めてウルトラマンが好きになった。後ろから見ても胸筋がすごいですし!」と興味津々で、AKB48の研究生5人が“ウルトラマンサーガ応援隊”として登場すると、「いつ結成されたの?」と驚きの表情を見せていた。

 映画初主演で特撮も初挑戦というDAIGOさんは、子供たちから「DAIGOー!」と声援を浴びながら、「小さいころから見ていたウルトラマンに加われるということでめちゃくちゃ光栄だし、興奮しています。出来上がりを見て、興奮しまくりまクリスティー!」と決めてみせ、「(主演抜てきに)ウルトラびっくりしたんですけど、僕の持てる力、全力で挑ませていただきました」とあいさつ。杉浦太陽さんは「10年ぶりにコスモスに変身することができました。ウルトラマンは僕の誇りなんで、とても幸せ」、つるの剛士さんも「15年ぶりに地球に戻ってくることができました。素晴らしい作品なので、たくさんの人に見てほしい」とアピールしていた。

 映画「ウルトラマンサーガ」は、謎の侵略者・バット星人に占領された地球を舞台に、宇宙からやってきたウルトラマンゼロ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモスが地球人と力を合わせて希望と平和を取り戻す……というストーリー。DAIGOさんは、ウルトラマンゼロに変身する青年タイガ・ノゾム役として登場し、ウルトラマンダイナに変身するアスカ・シン役をつるのさん、ウルトラマンコスモスに変身する春野ムサシ役を杉浦さんが演じる。前宮崎県知事の東国原英夫さんが、最強の怪獣・ハイパーゼットンを操る謎の侵略者・バット星人の声を担当していることも話題になっている。

 イベントには、「チームU」のメンバーを演じたAKB48の宮澤佐江さん、梅田彩佳さん、増田有華さん、佐藤すみれさん、小林香菜さん、島田晴香さん、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンコスモス、ウルトラマンダイナ、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンサーガも登場。「ウルトラマンサーガ応援隊」として登場したAKB48の研究生は、加藤玲奈さん、田野優花さん、岩田華怜さん、高橋朱里さん、大森美優さんの5人。同作の主題歌には秋元さんらが所属する「AKB48」の派生ユニット「DiVA」の「Lost the way」が採用されている。映画は2D、3Dともに、3月24日から全国でロードショー予定。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る