板野友美:ドラマでレディース役 「外見はいつもと変わらない」

テレビ

 アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人さんが主演するドラマ「BAD BOYS J」(日本テレビ)に、「AKB48」の板野友美さんがレディースの番長役で出演することが16日、明らかになった。不良少女役を演じることになった板野さんだが「外見はいつもと変わらないです。いつもよりちょっと“怒”を足したくらい」と、淡々と語っている。

 ドラマは、総発行部数5000万部を超え、11年には実写映画化された田中宏さんのマンガ「BAD BOYS」が原作。広島を舞台に、中島さん演じる桐木司が仕切る「極楽蝶」や、「Kis-My-Ft2」の二階堂高嗣さんが演じる最強の男・段野秀典が率いる「ビイスト」、「A.B.C−Z」の橋本良亮さんが演じるヒロがリーダーの「廣島ナイツ」といった不良グループの青春の日々が描かれている。また、橋本奈々未さんら「乃木坂46」のメンバーや、モデルのトリンドル玲奈さんの出演も決まった。

 板野さんが演じるのは、二階堂さんが演じる段野を支えるレディースの番長・中井カオリ役。AKB48の公式ライバルにあたる乃木坂46のメンバーが出演することについては「普段関わることが少なく、あまり知らなかったので、ドラマで共演するのは不思議な感覚」とコメントしている。

 乃木坂46メンバーとしてではなく、単独でのドラマ出演は初めてとなる橋本さんは、桐木(中島さん)が恋心を抱くヒロイン・由本久美を演じる。以前、同じ時間帯で放送された「私立バカレア高校」でジャニーズ勢とAKB48が共演して話題になったことを挙げ、「私たちのグループも、このチャンスを生かしたいと思います」と意気込んでいる。乃木坂46のメンバーでは、橋本さんの他に松村沙友理さん、秋元真夏さん、伊藤万理華さん、伊藤寧々さんの出演が決まっている。

 ドラマ「BAD BOYS J」は、4月6日から毎週土曜深夜0時50分に日本テレビで放送される。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る