MANTANWEB(まんたんウェブ)

KAT-TUN・中丸雄一:ドラマでネグリジェ姿披露「かなり恥ずかしい」

テレビ

 人気グループ「KAT-TUN」の中丸雄一さんが5日、東京都内のスタジオで出演する連続ドラマ「間違われちゃった男」(フジテレビ系)の取材に応じた。作品の中でネグリジェ姿を披露するという中丸さんは、実際に着用した感想を「かなり恥ずかしい。ただ不思議なもので、慣れてきますね」と淡々と語ったが、「冷静になると変だな」と振り返り、記者の笑いを誘った。

 ドラマは、東京の下町、蔵前にあるすし屋「すし政」で繰り広げられる人情味あふれるコメディーで、俳優の古田新太さんが連ドラ初主演を務める。中丸さんは、古田さん演じる人情に厚く、さえないコソ泥の沢木裕次郎の舎弟・ヤス役で出演する。そのほか、戸田菜穂さん、佐藤めぐみさん、木村了さん、三倉佳奈さん、ICONIQさん、石田えりさんらが出演する。

 中丸さんは古田さんについて、「イメージとしては自然体な演技をする方と思ってたんですが、実際ご一緒させていただいて、予想以上に自然体だったし、リハーサルも本番もアドリブが多い」と印象を語り、自身が演じる役については、「わかりやすい子分。兄貴(裕次郎)がすごく大ざっぱで、ヤスは冷静な部分があって、その組み合わせが面白い」と説明した。

 また中丸さんは、早稲田大学を先日卒業したばかりだが、卒業後の仕事に対する心境の変化を聞かれ、「本当に仕事一本になったときに、気持ちよく(仕事に)取り組めるような気がしてます。ほかに心配事が無い状態でできるので、すがすがしいですね」と語っていた。

 取材には古田さんも出席した。ドラマは、13日から毎週土曜午後11時10分放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る