MANTANWEB(まんたんウェブ)

榮倉奈々:岡田准一の鬼教官ぶり明かす

映画

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で映画化された「図書館戦争」(佐藤信介監督)の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、岡田さん、榮倉奈々さんらキャストが登場。新米女性隊員役を演じた榮倉さんは、岡田さん演じる鬼教官の指導で銃を肩に乗せてスクワットをするシーンで、岡田さんがスクワットの数をアドリブで「11、12、12、12……」と数えて役さながらの鬼教官ぶりを見せたことを明かし、岡田さんを苦笑いさせた。

 榮倉さんはその時の撮影を「意外と踏ん張って立て直すことができた自分にびっくり。気合いだなと思った。人間の精神力はすごいと思った」と振り返り、「足がパンパンだった。生まれたての子鹿のような感じで(撮影が)できないかもと思った」と告白していた。また岡田さんは「ヒットがあれば続きが見れるかも」と早くも続編へ意欲を見せ、同作を見た観客に「続き、見たいかな?」と問いかけると、大きな拍手が送られた。舞台あいさつには福士蒼汰さん、栗山千明さん、田中圭さん、石坂浩二さん、西田尚美さん、佐藤監督も登場した。

 「図書館戦争」は、「フリーター、家を買う。」などで知られる有川浩さんのシリーズ累計400万部を超える人気小説が原作。本の検閲を取り締まる「メディア良化隊」から、本を守る自衛組織「図書隊」に所属する堂上篤(岡田さん)と笠原郁(榮倉さん)の命を懸けた戦いと恋愛模様が描かれる。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る