MANTANWEB(まんたんウェブ)

反町隆史:刑事・檀れいと初対決 犯人役で「負けないように」

テレビ
檀れいさん主演の連続ドラマ「福家警部補の挨拶」の初回で犯人役を演じる反町隆史さん

 俳優の反町隆史さんが、女優の檀れいさん主演で2014年1月にスタートする連続ドラマ「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系)の初回に犯人役で出演し、檀さんと初共演することが明らかになった。刑事役が初挑戦となる檀さん演じる福家警部補の最初の対決相手となる売れっ子脚本家・藤堂昌也を演じる反町さんは「藤堂と福家警部補とのかけあいが見どころ。福家は非常に特殊な天才肌の人物という印象を受けましたが、そこに負けないように、気持ちを込めて藤堂を作り上げていきたい」と意気込んでいる。

 「福家警部補の挨拶」は、大倉崇裕さんの同名推理小説が原作で、檀さん演じる福家警部補が並外れた推理力で事件を解明していく姿を描く。福家は、警部補に見えないビジュアルで、組織の上下関係や出世に興味がないが、捜査が始まると、誰も気づかない事件の真相を解く鍵を見つけていく。福家の上司でまじめな石松警部を「SMAP」の稲垣吾郎さんが演じ、福家に振り回される鑑識役で柄本時生さんも出演する。

 ドラマは、犯人を先に明らかにする「倒叙ミステリー」という形式を取っており、犯人の存在は重要なポイント。初回の犯人となる売れっ子脚本家として活躍する藤堂は、誰にも知られたくない封印した過去を明かそうとする者を葬り去り、現在の名声を守るため脚本家ならではの手口を使って犯行に手を染める。福家警部補はいかにして彼の犯行を明らかにしていくのか……という展開で、藤堂と福家の駆け引きが大きな見どころとなる。

 反町さんの起用理由について、企画を担当した水野綾子さんは「“見たことのない刑事ドラマ”がテーマ。これまで二つの作品で反町さんとご一緒していますが、いずれも“殺人犯を追い詰めるヒーロー”という役どころで、反町さんにぴったり合っていました。だからこそ今作品では犯人役、そして脚本家という反町さんのイメージにはない非常に新鮮な役をお願いしました」と説明している。

 連続ドラマ「福家警部補の挨拶」は、2014年1月14日スタート。毎週火曜午後9時から放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る