MANTANWEB(まんたんウェブ)

玉木宏:島田荘司の御手洗シリーズが初の映画化 天才探偵役で主演

ブック 映画
映画「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」に主演する俳優の玉木宏さん(c)映画「星籠の海」製作委員会

 島田荘司さんの人気シリーズ「天才探偵・御手洗潔シリーズ」の最新作「星籠(せいろ)の海」が映画化されることになり、俳優の玉木宏さんが主演することが2日、明らかになった。同シリーズの映像化となった3月放送のスペシャルドラマ「天才探偵ミタライ~難事件ファイル『傘を折る女』~」(フジテレビ系)に引き続き、主人公の天才探偵・御手洗潔を演じる玉木さんは、「難しいのは、膨大なセリフと戦わなくてはいけないことです。でも、登場人物の中でたった1人、事件を解決していくキャラクターなので、すごく心地良いです。楽しみながら演じています」とコメントしている。

 同シリーズは、1981年に発表された「占星術殺人事件」から始まり、シリーズ累計330万部を突破している人気ミステリー。主人公・御手洗が登場する小説は、中短編あわせて49もの作品があり、「占星術殺人事件」は、2014年1月に英有力紙「ガーディアン」で「世界の密室ミステリーベスト10」の第2位に選出されるなど話題を集めた。島田さんはこれまで、キャラクターの知的レベルが高すぎることから、同シリーズの映像化を拒み続けてきたというが、「玉木宏が演じるなら」と玉木さんの出演を熱望したことから、映像化が実現したという。

 今回映画化される「星籠の海」は、島田さんが「御手洗が国内の事件を解決する最後の作品」と宣言するなどシリーズの集大成となる作品で、島田さんの作品で初めて自身の故郷である広島県・福山市を舞台にしている。映画は「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」と題して、映画オリジナルの女性キャラクターも登場し、御手洗とともに難事件に挑むといい、玉木さんのほか、石田ひかりさん、小倉久寛さん、要潤さん、谷村美月さん、吉田栄作さんが出演し、「相棒シリーズ」の和泉聖治さんが監督を務める。4月にクランクインし、6月初旬にクランクアップ、10月末に完成予定で、16年に公開される。

 シリーズ初の映画化に際して、和泉監督と手を組み、新たな構成を考案したという島田さんは、「あの御手洗潔がいよいよ映画館の大スクリーンに登場、興奮しますね。長年原作ファンでいてくださった方々、そして私自身にとってもこれは悲願でしたからね。みんなで祝杯をあげたい気分です」とコメント。玉木さんについては、「理想的な御手洗さん役者・玉木さんとも出会えたし、原作にとって最も幸福なかたちになりました」と太鼓判を押した。

 和泉監督は、「原作をグッと凝縮させつつ、歴史ロマンを感じる福山、そして瀬戸内海を舞台に大きなスケールで活躍する御手洗を描きます」とアピールしている。なお、16年は、映画の舞台となる福山市が市制施行100周年ということから、福山市は100周年記念事業として全面的にバックアップするという。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る