大原櫻子:フジ「ガールズオーディション」応援キャラ就任 初“月9”の印象も明かす

テレビ
「お台場夢大陸Presents ドリームメガガールズオーディション」公式応援キャラクターに就任した大原櫻子さん

 歌手で女優の大原櫻子さんが、フジテレビが主催するオーディション企画「お台場夢大陸 Presents ドリームメガガールズオーディション」の公式応援キャラクターに就任し、29日、東京都内で行われた記者発表会に登場。大原さんは「精いっぱい盛り上げていきたい」と意気込みを語ると、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013年)で5000人の中からオーディションでヒロインに選ばれた自身の経験を踏まえ「(オーディションでは)審査員の方の話をよく聞いて。会話をすると笑顔になるから、コミュニケーションをとって、とにかく楽しんでほしい」とメッセージを送った。

 同オーディションのグランプリ受賞者には特典として、大原さんが所属する「フジパシフィックミュージック」との専属契約や、大原さんも出演する7月スタートの“月9”ドラマ「恋仲」(同局系)への出演が約束される。大原さんは“後輩”ができることについて「先輩として私が言えることはないですけど、仲間が増える感覚でうれしい」と笑顔。「どんな人が受かると思いますか?」との質問には「わからないですけど、受かった方が『受かってくれてありがとう』って言える方だと思う」と語った。

 大原さんは、「恋仲」に福士蒼汰さん扮(ふん)する主人公の三浦葵の妹・七海役で出演する。今回が初の“月9”出演で「ドラマといえば“月9”というイメージがあった。『まさか自分が』って思ったし、夢のよう」と喜びを語ると「演じがいのある役で頑張らなくちゃなって思ったし、現場は年上の方が多くて、いろいろとサポートしてくれるので、温かくて心地がいい。今年の夏の間は、七海として一生懸命務めたい」と目を輝かせていた。

 「ドリームメガガールズオーディション」は、フジテレビの夏のイベント「お台場夢大陸~ドリームメガナツマツリ~」の特別企画。フジテレビ発の「新世代をリードするスター」を発掘することが目的で、「お台場夢大陸」のテーマである「夢」をかなえる場をフジテレビが提供するという。グランプリ受賞者は、“月9”ドラマ「恋仲」への出演のほか、賞金100万円、音楽出版社「フジパシフィックミュージック」との専属契約などが贈られる。特定の芸能プロダクションと契約を締結していない13~23歳までの女性(6月10日時点)を対象に、7月5日午後11時までマッチングサイト「スターバンク」でエントリーを受け付けている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る