押切もえ:ミス・ユニバース“妹版”の17歳にエール 新川優愛も「ここからがスタート」

2016ミス・ティーン・ジャパンに輝いた東田真琴さん(中央)にエールを送った押切もえさん(左)と新川優愛さん
1 / 1
2016ミス・ティーン・ジャパンに輝いた東田真琴さん(中央)にエールを送った押切もえさん(左)と新川優愛さん

 「ミス・ユニバース・ジャパン」の妹版という10代のミスコンテスト「2016ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が20日、東京都内で開かれ、福岡県出身の高校2年生、東田真琴(ひがしだ・まこと)さん(17)がグランプリを受賞した。モデルの押切もえさんやモデルで女優の新川優愛さんも応援アンバサダーとして出席し、東田さんにエールを送った。

 同コンテストを予選から見守ってきた押切さんは「本当に素晴らしかった。今まではこのステージに立つことが目標だったと思いますが、これからはまだ輝ける道が開けている。たくさんの人を幸せにしてくださいね」と激励。新川さんも「ここからがスタートだと思う。みんな今まで以上に努力して、輝く女性になってください」と呼びかけていた。

 「ミス・ティーン・ジャパン」は、応募規定が18~26歳のミス・ユニバース・ジャパンに応募できない下の世代(13~17歳)に向けて開催されているミスコンテストで、今年で5回目。決勝大会には全国6会場での地方大会を勝ち抜いたファイナリスト14人が出場、グランプリを目指して自己PRなどを行った。東田さんは大好きなミュージカルの一部を披露し、「モデル、ミュージカル女優、歌手など、チャンスが一度に来たら何を選ぶ?」という質問には少し悩みながらもきっぱりと「ミュージカル女優」を目指すと語っていた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る