馬瓜エブリン選手:ウォリアーズのカリー選手が「勇気と自信を与えてくれた」

WOWOWのNBA中継にゲスト解説者として初出演した馬瓜エブリン選手
1 / 3
WOWOWのNBA中継にゲスト解説者として初出演した馬瓜エブリン選手

 日本女子バスケットボールの「アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス」所属の馬瓜(まうり)エブリン選手が26日、WOWOWで生中継された北米プロバスケットボール「NBA」の「クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ」にスタジオゲストとして出演した。今季、開幕24連勝でNBA新記録を樹立したウェスタン・カンファレンスのウォリアーズのステフィン・カリー選手について「彼は天才と言われているけど、NBAに入ってからたくさん練習を積んだ。身長も大きくないのにあそこまで活躍できる選手がいるのは、私たちのような選手にも勇気や自信を与えてくれた」とほほ笑んだ。

 小さい頃からNBAを見て、マイアミ・ヒートのドウェイン・ウェイド選手の大ファンだったという馬瓜選手は、今季のNBAについて「ウェスタンはウォリアーズが独走中ですが、イースタンは、クリーブランド・キャバリアーズ、アトランタ・ホークスが強いですが、マイアミ・ヒートにも頑張ってほしい」と応援。今年、初めてNBAの試合観戦に行ってきたという馬瓜選手は「行ってみてわかったのですが、観客が一体となって、お祭りみたいに試合を盛り上げているところがすごかった」と笑顔を見せた。

 また、馬瓜選手は「2015年の活躍」について「プレーでも、精神面でもボコボコにやられました。バスケットについて一番、考えた年だと思います」といい「来年は、体作り、メンタルの強化をして頑張りたいと思います」と目標も明かした。

 なお、WOWOWではNBAを毎週5試合生中継。2016年1月2日まで「冬祭り!スーパーウィーク」と題し、さまざまな試合を伝える。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る