太川陽介:バス旅映画化に当初は「無謀としか思えなかった」

映画 テレビ
映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」の完成披露試写会に出席した太川陽介さん(左)と蛭子能収さん

 俳優の太川陽介さんとマンガ家の蛭子能収さんが20日、東京都内で行われた映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」の完成披露試写会の舞台あいさつに出席。テレビ東京の人気旅バラエティー番組を映画化した作品で、今回の映画化に太川さんは「テレビ東京、何を考えているのか。無謀としか思えなかった。映画として成立するのかと思ったけど、面白くなりました」とアピールするも、「この試写会で一番心配していることは蛭子さんが結末を言っちゃうことです」と話し、その後も蛭子さんが話す内容に警戒するそぶりを見せて、会場の笑いを誘った。

 この日は上映前の舞台あいさつで、「とにかく、台湾でどうなるのか……」「(旅先の台湾の印象は?)中華料理のお店が多かった」などの蛭子さんの“ゆるい”トークに、太川さんは「いつ口押さえようか。怖くてしょうがない」「絶対言っちゃダメだからね!」と“ネタバレ”を警戒。ハラハラした様子の太川さんを横に、蛭子さんは「日本(版)よりさらにおもしろくなった。結末は言いませんって」と苦笑交じりにアピールしていた。

 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、太川さんと蛭子さんのコンビに、マドンナ1人を加えた3人が、日本国内にある路線バスを乗り継ぎ、3泊4日の日程内に目的地到達を目指す人気の旅バラエティー番組。映画では、マドンナ(女性ゲスト)として三船美佳さんが出演し、初の海外ロケとなる台湾で過酷な“バス旅”を繰り広げる。2月13日公開。

 試写会には、 三船さん、主題歌を歌う由紀さおりさんも出席。MCをテレビ東京の松丸友紀アナウンサーが務めた。舞台あいさつの最後に、太川さんは「何とかやってきました、台湾で。本当に過酷な4日間でした」と振り返りつつ、「(チケット代の)1800円払っていただいて大丈夫だと思う。それくらいの作品になった」とPR。一方、蛭子さんは「私は昨日、このビデオを見まして、まぁまぁ面白かった。俺は小さい画面で見たんで、この大きな画面(スクリーン)で見ると面白さは倍になると思う。安心してください」と話し、観客を笑わせた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る