阿部サダヲ:千両の使い道は…? 「殿、利息でござる!」愛を語る

映画「殿、利息でござる!」の完成披露試写会に登場した阿部サダヲさん
1 / 1
映画「殿、利息でござる!」の完成披露試写会に登場した阿部サダヲさん

 俳優の阿部サダヲさんが6日、東京都内で行われた主演映画「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)の完成披露試写会に登場。映画の内容にちなんで「千両=約3億円」があったら何に使いたいか、と聞かれると、「この映画の現場がすごく楽しかったので、同じスタッフさん、キャストの方たちとまた違う作品が作れたら」と語り、「(公開前なのに)なんかヒットした気でいるんですけど」と照れ笑いを浮かべた。

 阿部さんの回答に中村監督が「本当ですか?」といぶかしがると、共演のきたろうさんは「言えないよね。(映画の舞台あいさつで)飛行機を買うとかねえ」と苦笑い。きたろうさんから「ちゃんと自分の考えていること言えよ!」と突っ込まれた阿部さんだが、「いや、本当に考えているんですよ。みんなのこと、好きだったし」とまじめに語っていた。

 舞台あいさつには、瑛太さん、妻夫木聡さん、竹内結子さん、寺脇康文さん、千葉雄大さん、橋本一郎さん、中本賢さん、西村雅彦さんも出席。同じ質問に、キャストは口をそろえて同作品のために使うと語り、瑛太さんは「この映画のチケットを3億円分買って配りたい」、妻夫木さんは「この映画専用の映画館を作りたい」と優等生発言を繰り返していた。

 「殿、利息でござる!」は、磯田道史さんの著書「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」が原作。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台で、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、阿部さん演じる十三郎ら庶民9人が藩に千両を貸し、毎年の利子を全庶民に配る「宿場救済計画」を立て……というストーリー。5月14日公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画