松本潤:初の弁護士役に手応え「自信作です!」

TBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」完成披露試写会に登場した主要キャストたち
1 / 39
TBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」完成披露試写会に登場した主要キャストたち

 人気グループ「嵐」の松本潤さんが14日、東京都内で行われたTBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」完成披露試写会の舞台あいさつに、主要キャストとともに登場。初の弁護士役として主演する松本さんは「これだけすてきなキャストの方々と作品を作れることをうれしく、毎日楽しんで撮影しています」と笑顔で充実した現場の様子を明かした。ドラマの出来栄えについては「日曜劇場のファンの方にも楽しんでいただける」と手応えを語り、「自信作です! ぜひたくさんの方にみていただけたら!」と笑顔で宣言していた。

 ドラマは、刑事専門弁護士がテーマ。タイトルの数字「99.9」は、刑事事件で起訴された被告が裁判で有罪になる確率「裁判有罪率」で、個性的な弁護士たちが、ぶつかり合いながらも、逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント。松本さんは、有罪が確定した事件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな若手弁護士・深山大翔を演じる。深山とチームを組むベテラン弁護士・佐田篤弘役で香川照之さん、ヒロインの同僚弁護士・立花彩乃役で榮倉奈々さん、斑目法律事務所の所長・斑目春彦役で岸部一徳さん、次期検事総長候補・大友修一役で奥田瑛二さんが出演している。

 舞台あいさつには、松本さんのほか、榮倉さん、岸部さん、奥田さん、片桐仁さん、マギーさん、渡辺真起子さん、青木崇高さんも登壇した。松本さんは、刑事専門弁護士の役作りについて「民事と刑事裁判の違いから始まり、どういう仕組みになっているか、実際に刑事弁護専門の方にお話を聞いた。そういう方にリアルだなと思っていただければ、うれしい」と、入念な準備を語り、1話の法廷シーンでは「チームが一つになるきっかけになったんじゃないかな」と振り返った。

 演じる深山について松本さんは「オリジナルなので、(自分に似せて脚本を)当て書きしてもらっているところがある。若干似ているんですよ。0.1%まで細かくないと思いますけれど……」と語ったが、共演シーンの多い榮倉さんと片桐さんに「細かいです!」と指摘され、ほかの共演者にもうなずかれ、会場の笑いを誘っていた。ドラマは17日から毎週日曜午後9時放送。初回は25分拡大版となる。

写真を見る全 39 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る