MANTANWEB(まんたんウェブ)

東出昌大:“熱々おでん芸”に初挑戦ものけぞる “元祖”鶴太郎も久々披露

映画 マンガ
映画「ヒーローマニア-生活-」の公開記念イベントで熱々おでん芸に挑戦した東出昌大さん(中央)

 俳優の東出昌大さんが10日、東京都内で行われた主演映画「ヒーローマニア-生活-」(豊島圭介監督)の公開記念イベントに登場した。東出さんは、人気のお笑いネタ「熱々おでん芸」に初挑戦。スペシャルゲストのダチョウ倶楽部に押さえつけられ、共演の片岡鶴太郎さんから熱々のおでんをほおにつけられると、あまりの熱さに大きくのけぞって、「まさかこんな舞台あいさつになるとは思わなかった」と笑いながら話した。

 熱々おでん芸は、ダチョウ倶楽部の持ちネタとして知られるが、元々は片岡さんが元祖。久しぶりに挑戦することになった片岡さんは「もうダチョウに預けた芸ですから。私は俳優として今NHKの朝ドラ出てますから」と一度は断ったものの、「リアクション芸ってね、やるなってことをやれっていうこと」とダチョウ倶楽部に指南するなどノリノリで、白滝を口につけられると、「わーわー」と叫んで、大げさに転んで見せた。

 片岡さんの往年のリアクション芸に、ダチョウ倶楽部は「勉強になりました! イチからやり直します」と頭を下げ、東出さんは「こんなに笑った舞台あいさつは初めて」と大笑い。豊島監督は「映画とまったく関係のない内容の舞台あいさつ……」と嘆きながらも楽しそうに笑っていた。

 映画は、福満しげゆきさんのマンガ「生活【完全版】」が原作。東出さん演じる会社をリストラされたさえない主人公が、謎の身体能力を誇るニート、夜は若者とケンカをする定年間近の会社員、情報収集力が高い女子高生と自警団を組む……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る