大泉洋:板挟みに悩む“堅い男” 「黙れ、こわっぱ!」に反省も 「真田丸」信幸を好演

「真田丸」で真田信幸を演じる大泉洋さん=NHK提供
1 / 36
「真田丸」で真田信幸を演じる大泉洋さん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「真田丸」で、堺雅人さんが演じる主人公・真田信繁の兄・信幸を演じている大泉洋さんは、コミカルなイメージが強いが、「真田丸」では“堅い男”を好演している。正室の稲(吉田羊さん)と前妻のこう(長野里美さん)、稲の父・本多忠勝(藤岡弘、さん)と真田家の間など、板挟みの立場に立たされる姿に“同情の声”も多いという。また、西村雅彦さんが演じた室賀正武が、信幸に対して「黙れ、こわっぱ!」と叫ぶせりふも話題になった。昨年は、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの“ダメな父”を演じ、「朝ドラの時はしっかりしろと言われたけれど、今年は随分と同情される。どれだけ“板挟み”になればいいのか!」とこぼす大泉さん。天下分け目の関ケ原の合戦を控え、盛り上がりを見せる「真田丸」の舞台裏を聞いた。

 ◇申し訳ない気持ちも

 「真田丸」は、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・信繁を演じており、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけている。

 大泉さんが演じる信幸は、弟・信繁(堺さん)や父・昌幸(草刈正雄さん)と同じく人気の戦国武将。弟とともに父を補佐するが、関ケ原の合戦では父と弟が西軍に加勢した一方で、東軍につく。合戦の後は、大名となり、九度山に配流された父と弟を援助する。ドラマでは、弟と信頼し合う真面目な人物として描かれている。

 大泉さんは「真田丸」放送前のインタビューで実在の人物を演じる“怖さ”を語っていた。1年近く撮影をする中で「今は怖さはないけど、私が演じると、コミカルになるところもあって、申し訳ない気持ちもあります。カッコいい信幸さんを期待していた人には申し訳ない。ドラマでは愛される信幸さんになりたい」と感じているという。

 “堅い男”の信幸だが、真面目すぎてコミカルに見えるシーンもある。「三谷さんには、面白いせりふを言う時に鼻の穴がでかくなる。真面目にやってほしい!と言われた。面白く演じすぎてもいけないし、鼻の穴まで訓練できないですしね」と苦労を明かす。

 ◇最後の「黙れ、こわっぱ!」に反省も

 「真田丸」では、西村さんが演じる室賀が、信幸に対して叫ぶ「黙れ、こわっぱ!」というせりふも話題になった。大泉さんは「とにかく西村さんの演じっぷりですよ。『これは、はやる!』と現場でも言っていて、みんながよく使っていました」と話す。

 室賀は第11回「祝言」で死んでしまったため、名ぜりふは聞けなくなってしまった。大泉さんは「現場でも最後の『こわっぱ』の日は、寂しかったですね。あの言葉を受け続けているので、撮影が終わって、オーケーも出たあとに、私の“受け”が慣れてきていると言われました。でも、実際に信幸だって、あれだけ言われれば、慣れてくるわけで、リアルな芝居をしてると思うんですが……」と寂しそうに振り返る。

 真田家は関ケ原の戦いで東軍と西軍に分かれるが、4日放送の第35回「犬伏」で、それぞれの道を違える“犬伏の別れ”が描かれる。「どういう理由で真田家が二つに分かれるかが三谷さんらしく描かれています。グッとくるせりふもあるので、楽しみにしてほしい」と語る大泉さん。「父に振り回され、大事なところで蚊帳の外でしたので、『来た!』と思いました。信幸も頑張っている!」とアピールする。真田の行く末を担う“堅い男”は今後、どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみだ。

 「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

写真を見る全 36 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る