ドラゴンボール:タワレコで初のコラボカフェ 「ベジータサラダ」などオリジナルメニュー

アニメ
「ドラゴンボール」とタワーレコードのコラボ企画のビジュアル=「ドラゴンボール」×TOWER RECORDS 初のコラボカフェ(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)鳥山明/集英社・東映アニメーション

 鳥山明さんのマンガが原作のアニメ「ドラゴンボール」の放送開始30周年を記念して、初のコラボカフェが11月、東京、大阪の「タワーレコードカフェ」3店舗で期間限定オープンする。「ブルマのロマンティックあげるよケーキ」などオリジナルメニューが用意され、梅田 NU 茶屋町店(大阪市北区)と表参道店(東京都渋谷区)が1日から、渋谷店(同)が8日から営業する。いずれも30日まで。

 コラボカフェは、アニメの懐かしのシーンのパネルが展示され、作品にちなんだスイーツ、食事、ドリンクのオリジナルメニューが用意される。渋谷店と梅田 NU 茶屋町店では、「誇り高きサイヤ人の王子ベジータサラダ」(1100円)、「ブルマのロマンティックあげるよケーキ」(1000円)、「手に入れろ!DB ドリンク!」(800円)など、表参道店では「究極の必殺技、界王拳レッドカレー」(1500円)、「孫悟空の筋斗雲パンケーキ」(1100円)、「ナメック星でも大人気!?ピッコロさんのマジュニアソーダ」(750円)などが提供される。来場者には先着で主人公の孫悟空をあしらったオリジナルコースターが提供される。

 また、タワーレコードの一部店舗では、Tシャツやコーチジャケット、マグカップなどのコラボグッズを販売。鳥山さんのヒット作「Dr.スランプ」のアラレちゃんと孫悟空が一緒に描かれたキーホルダーも用意される。グッズは「タワーレコード」のサイトで予約を受け付けている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る