ボクシング山中慎介選手:パッキャオ復帰戦「力が存分に発揮できる」と期待

山中慎介選手 (C)NAOKI FUKUDA
1 / 1
山中慎介選手 (C)NAOKI FUKUDA

 WOWOWの番組「マニー・パッキャオ IS BACK!~伝説、再びリングへ~」にインタビュー出演したプロボクシングの山中慎介選手が、「7カ月の空白は問題ない。力は存分に発揮できる」と
期待を抱く、マニー・パッキャオ選手の復帰戦について語った。パッキャオ選手は、今年4月に引退。引退後、母国フィリピンで政治家として活動していたが、6日にWBO世界ウエルター級王座を懸けてでアメリカのジェシー・バルガス選手と復帰戦を行う。

 山中選手は、パッキャオ選手が4月に引退試合とした米国のティモシー・ブラッドリー選手と対戦で2度のダウンを奪って圧勝したことについて、「(この対戦を)見た誰もが、まだまだ現役のトップとしてやっていけると思ったでしょう」といい、パッキャオ選手の復帰については「自分を含めパッキャオの試合を見たいファンは多いし、うれしいですね」と喜ぶ。

 約7カ月という試合間隔については「(4月に引退してから)どんな生活を送ってきたか分からないが……」と前置きしつつ、「ボクサーにとって7カ月はブランクというほどの期間ではないし、まったく問題ないと思います。練習も新たな気持ちで再開したんじゃないですかね」と予想する。

 バルガス選手は破壊力がある右ストレートを軸にした攻撃が得意。山中選手は「(パッキャオ選手が)スーパーフェザー級時代のような踏み込みは難しいかもしれないが、パッキャオにはテクニックもありますからね」といい「気持ちを前に出すスタイルが好きなので、それが見られるかも。バルガスは正統派なので、パッキャオの力が存分に発揮できると思います」と期待を込める。

 山中選手は、パッキャオ選手が、以前に行った公式会見で「支えてくれる皆さんに恩返ししたい。ボクシングを続けながら(フィリピンの)国民を救えることを証明する」と話したことについて、「自分の場合は(ボクシングに専念して、WBC世界バンダム級王者を)11回防衛に成功したけれど、ほかのことをやりながらというのは考えられないですね。本当にすごいと思います。国民の期待を背負っているのでプレッシャーも大きいはず。並外れた精神力だと思います」と語った。

 WOWOWでは、6日午前11時からWOWOWプライムで、マニー・パッキャオ選手の復帰戦「マニー・パッキャオ対ジェシー・バルガス」を生中継する。また、パッキャオ選手の復帰を記念したスペシャル番組として、5日午後3時半からWOWOWライブで「マニー・パッキャオ 珠玉の名勝負選」を放送。また、山中選手や俳優のディーン・フジオカさんらが出演する「マニー・パッキャオ IS BACK!~伝説、再びリングへ~」の再放送が3日午後5時半からWOWOWプライムで放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る