堤真一:スーパーヒーロー姿をお披露目 小泉今日子「思った以上の鬼嫁」と笑い

マンガ テレビ
連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」で主演する堤真一さんが“スーパースーツ”を着用した姿(右)と原作「中年スーパーマン左江内氏」のカット(C) Fujiko-Pro

 堤真一さん主演の連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系、土曜午後9時)で、主人公・左江内氏を演じる堤さんの“スーパースーツ”姿が22日、公開された。眼鏡姿の堤さんが赤と青のスーツに身を包んでスーパーヒーローに変身し、ガッツポーズをしている。また、同ドラマにムロツヨシさんや賀来賢人さん、早見あかりさんらが出演することも明かされた。
 
 原作は、藤子・F・不二雄さんが1977~78年に連載した大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。妻子ある平凡なサラリーマンの左江内が、怪しい老人からスーパーヒーローになれるスーパースーツを無理やり渡され、やむを得ず、地球平和と家庭平和の間で揺れ動きながらも奮闘する……という内容。

 スーパヒーロー姿について堤さんは「衣装合わせを何度もやったので、最初は恥ずかしいな、カッコ悪いなと思いましたが、今はもう、割とすんなり、慣れてしまっています」とコメント。左江内の“鬼嫁”円子を演じる小泉今日子さんは「スーパースーツ姿、もっと笑っちゃうような感じなのかなと思ったら、ビシッと似合ってて、格好良かったです」とし、“鬼嫁役”については「台本を読んでいくと……、思った以上の鬼嫁でした(笑い)。でも、楽しんで振り切ってできたらと思います」と意気込んでいる。

 ほかに、新たに左江内が解決する事件をすべて手柄にする小池をムロツヨシさん、左江内の部下・池杉を賀来さん、蒲田を早見さんが演じる。ほかに、町の警官・刈野役で中村倫也さん、左江内の息子・もや夫役で横山歩くん、謎のフリーター・米倉役で佐藤二朗さん、左江内にスーパースーツを託した怪しい老人役で笹野高史さん、左江内の直属の上司・簑島役で高橋克実さんが出演する。娘のはね子役は後日発表される。2017年1月に放送。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る