MANTANWEB(まんたんウェブ)

草刈民代:「Shall we ダンス?」以来20年ぶり社交ダンス 「ドクターX」で披露

テレビ
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第9話のワンシーン=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さんの主演ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演中の草刈民代さんが、8日放送の第9話で映画「Shall we ダンス?」(1996年、周防正行監督)以来、約20年ぶりに社交ダンスを披露することが6日、明らかになった。草刈さんは同映画で元パートナー役を演じた“社交ダンス界のカリスマ”田中英和さんを指名し、アップテンポなダンスを披露する。草刈さんはスタッフから相談され「なんでまた『ドクターX』で『Shall we ダンス?』を!?」と驚いたといい、「まさか今回、こんなに踊ることになるとは思ってもいませんでした!」とコメントしている。

 ドラマには「東帝大学病院」広報部長の南幾子役で出演中の草刈さんは、3日間にわたって社交ダンスを練習。田中さんとは本番当日に初めてリハーサルを行ったといい、草刈さんは「実際にやってみたら、『Shall we ダンス?』で少しかじっていたおかげで、思った以上に動けたんですよ! その結果、今回はとてもアップテンポな振り付けになりました(笑い)」とエピソードを明かしている。草刈さんはジャズの名曲「Sing Sing Sing」に合わせてアップテンポなステップで、ターンやリフトなどを披露しているという。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。今回は2014年の第3シリーズ以来、2年ぶりの連続ドラマとなる第4シリーズで、米倉さん演じる未知子が宿敵・蛭間(西田敏行さん)率いる国内最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いに挑む姿を描く。

 第9話では、蛭間の妻・華子(藤真利子さん)率いる「東帝婦人会」と、ライバル関係にある「慶林大学病院」院長の妻・鮫島律子(高橋ひとみさん)率いる「慶林婦人会」の親睦会の最中に、不測の事態が発生。威信をかけた社交ダンス大会で倒れた「慶林婦人会」の九条映美(中山忍さん)を未知子は東帝大に救急搬送するが、華子の猛反対にあってしまう。しかし、映美は未知子の手術を受けたいと言い出し、結局受け入れることにはなったものの、東帝大を震撼(しんかん)させる“恐ろしい事実”が発覚する……というストーリー。8日午後9時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る