嗣永桃子:“ももち”ラジオで芸能界引退語る 後輩育て上げ「子離れ」と

2017年6月30日で芸能界引退を表明している嗣永桃子さん
1 / 1
2017年6月30日で芸能界引退を表明している嗣永桃子さん

 2017年6月30日で芸能界引退を表明しているアイドルグループ「カントリー・ガールズ」の嗣永桃子さん(24)が8日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」に出演し、引退についての思いを語った。嗣永さんは「2017年6月30日が丸15年という節目。カントリー・ガールズのプレーイングマネジャーに就任させていただいたんですけど、2~3年かけて新人たちを一人前にしたいと思ってきた。メンバーが頼もしくなったので、親離れしようと。『私も子離れするのか』と思った」と話した。

 嗣永さんは、1992年3月6日生まれ。千葉県出身。2002年に映画「仔犬ダンの物語」に主演しデビューを果たし、矢口真里さんらとユニット「ZYX」に参加。04年の結成当時から「Berryz工房」として活動したが、15年3月にグループが無期限活動停止となり、現在のカントリー・ガールズの「プレーイングマネジャー」に就任した。“ももち”の愛称で知られ、アイドル活動と並行して大学にも進学。大学在学中に教育実習も経験し、小学校と幼稚園の教員免許を取得している。

 嗣永さんは「アイドル活動自体は楽しいことばかりだけど、学校との両立が大変だった。部活もできず、電車の中で教科書を見たり。事務所も学業優先だった。成績が下がったらポジションを下げる、歌のパートも減らされる。出席日数もチェックされたので、眠くても学校に行きました」と振り返った。

 育ての親であるプロデューサーのつんく♂さんに引退を報告した際、「最初『会社ともめたの?』と言われて(笑い)、きちんと報告したら、『お疲れさま、頑張ってね』と言われてうれしかった。嗣永を取って良かったと思われるように、頑張りたいと思った」というエピソードも披露。グループのメンバーについては「芸能界の右も左も分からない子を教えて、教えるのが楽しいなと思った。最後までしっかりした姿を見せたいし、その後別の世界に行っても、『ももち先輩輝いているな』と思ってほしい」と話した。

 卒業までは「イベントやライブでファンのみなさんと会う機会を今まで以上に増やしていきたいとは思うが、このまま突っ走っていきたい」といい、その後は「アイドルとして体験したことを生かしたいので、まずは勉強をしっかりしていきたい」と語った。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る