紅白歌合戦:視聴率2年ぶり40%の大台

テレビ
「第67回NHK紅白歌合戦」で紅組の司会を務めた有村架純さん

 昨年12月31日に放送された「第67回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が第1部35.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)、第2部(午後9時から)40.2%を記録したことが2日、分かった。後半が40%を超えるのは2014年以来、2年ぶり。

 紅白歌合戦は1963年には81.4%を記録したが、86年以降は60%を割り込んだ。2004年以降は40%を前後するようになり、これまでに第2部は、04年に39.3%、06年に39.8%、07年に39.5%、15年に39.2%と過去4回、40%を割り込んでいる。

 今回は、人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんが白組の司会、女優の有村架純さんが紅組の司会を務め、総合司会はNHKの武田真一アナウンサーが担当。紅組のトリを石川さゆりさん、大トリにあたる白組のトリを嵐が務めた。前回に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)で放送され、紅組が2年連続で勝利した。

 同時間帯の民放(関東地区)では、11年連続となるバラエティー番組「ガキの使いやあらへんで!!」(ガキ使)の大みそか恒例番組「絶対に笑ってはいけない」シリーズの「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)が第1部(午後6時半から)が17.7%、第2部(午後9時から)が16.1%でトップだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る