市川由衣:出産後初イベントで「ぎっくり腰」告白 コルセット着け「立っているのがやっと」

映画「愚行録」の初日舞台あいさつに登場した市川由衣さん
1 / 20
映画「愚行録」の初日舞台あいさつに登場した市川由衣さん

 昨年9月に第1子となる男児を出産した女優の市川由衣さんが18日、東京都内で行われた妻夫木聡さん主演の映画「愚行録」(石川慶監督)の初日舞台あいさつに登場した。出産後初のイベント出席となった市川さんは、劇中に登場するせりふにちなみ、「秘密にしていること」を聞かれると、「3日前に息子を予防接種に連れていったときに、ぎっくり腰になりました」と告白。「今、コルセットをつけて針を入れたまま、立っているのがやっと、気合で立っています。昨日までこの場に立てるか分からなかった」と明かすと、客席から拍手が起きた。

 舞台あいさつには、市川さん、妻夫木さんのほか、満島ひかりさん、小出恵介さん、臼田あさ美さん、松本若菜さん、中村倫也さん、石川監督も出席した。妻夫木さんは、同じ質問に「実は今日、勝負パンツをはいています」と明かし、「お尻の部分にジョーズがいるパンツで、あまりにもはきすぎていて穴が開いて自分で縫って直しています」と照れ笑いを見せた。

 「愚行録」は、作家・貫井徳郎さんの同名小説で直木賞候補に選出されたミステリー。映画は、エリートサラリーマンとその妻、そして一人の子どもが何者かによって惨殺された一家殺人事件から1年、週刊誌の記者をしている田中(妻夫木さん)が改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始し、関係者のインタビューを通して次第に事件の真相が浮かび上がり……というストーリー。

写真を見る全 20 枚

映画 最新記事