MANTANWEB(まんたんウェブ)

花澤香菜:独特の表現で共演者を絶賛 「とっても濃い味の、おいしいやつ」

アニメ 映画
劇場版アニメ「夜は短し歩けよ乙女」の完成披露上映会に登場した花澤香菜さん

 声優の花澤香菜さんが9日、東京都内で行われた劇場版アニメ「夜は短し歩けよ乙女」(湯浅政明監督、4月7日公開)の完成披露上映会に登場。主人公の声を務める星野源さんや、共演の神谷浩史さん、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんらとステージに立った花澤さんは、ほかのキャストの声の感想を求められると、「もう最高です!」と笑顔を浮かべて答えつつ、続けて「とっても濃い味のもの、でもおいしいやつを食べている感じ」と独特の表現で魅力を語り、周囲を笑わせていた。

 花澤さんは、ヒロインの“黒髪の乙女”役に決まり「とってもうれしかったです。原作を大学時代に読んだこともあって。先輩みたいな人身近にいたなあと思いながら読んでいた。いろんな人のなかに理想の“乙女”像があると思って、責任重大だなと思いました」と心境を告白。「天真らんまんでふわふわした感じかなと(役を)作ってたんですけど、ディレクションで、武士道をたたき込まれた女の子だからもうちょっと武士で、と言われて、落ち着いた感じになりました」と役作りのエピソードを語っていた。

 「夜は短し歩けよ乙女」は、第20回山本周五郎賞、2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計売り上げは130万部を超えるベストセラー。“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”が、京都のいたるところで彼女の姿を追い求め、珍事件の数々に巻き込まれる……というストーリー。主人公の“先輩”の声を星野さん、ヒロイン“黒髪の乙女”を花澤さん、“先輩”の学友の“学園祭事務局長”を神谷さん、“先輩”の学友の“パンツ総番長”を秋山さんが務める。上田誠さんがシリーズ構成を担当し、ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が主題歌を歌うなど「四畳半神話大系」のクリエーター陣が再集結する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る