MANTANWEB(まんたんウェブ)

吉岡里帆:「生で聴けると全然違う…」 倉木麻衣の「コナン」主題歌メドレーに感激

映画 芸能 マンガ
劇場版アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」の初日舞台あいさつに登場した吉岡里帆さん

 女優の吉岡里帆さんが15日、東京都内で行われた劇場版アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督)の初日舞台あいさつに出席。歌手の倉木麻衣さんが主題歌「渡月橋 ~君 想ふ~」などをメドレーでサプライズで生披露すると、目の前で倉木さんの歌声を聴いた吉岡さんは「生で聴けると、全然違うと言いますか、異空間に連れていかれました」と感激した様子で語った。

 倉木さんは今作の主題歌のほか、2003年公開の同シリーズ7作目「迷宮の十字路(クロスロード)」の主題歌「Time after time~花舞う街で~」もメドレーで披露し、「初日の舞台あいさつで歌わせていただくのは初めてだったので、コナンのファンと一緒に会場を盛り上げることができてとってもうれしいです」とコメント。吉岡さんとともにゲスト声優を務めたお笑い芸人の宮川大輔さんは「聴いていると心震えるというか、泣きそうになった」と感動していた。
 
 舞台あいさつには、吉岡さん、宮川さん、倉木さんのほか、レギュラー声優陣の高山みなみさん、小山力也さん、堀川りょうさん、宮村優子さんらが出席。主人公の江戸川コナン役の高山さんは「小学生のまま21作目を迎えまして。あの(小さくなる)薬を飲んでからまだそんなにたってないのに。みんなの愛のおかげで(テレビシリーズ開始から)21年も頑張ってきています」と笑わせ、毛利小五郎役の小山さんも「(コナンは)今年はなんと、小学校21年生でございます」とジョークを飛ばし会場を盛り上げた。

 「から紅の恋歌」は、人気アニメ「名探偵コナン」(日本テレビ系)の劇場版21作目。競技かるたの「皐月(さつき)会」が開催する百人一首の大会「皐月杯」の会見収録が行われた大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。京都・嵐山の日本家屋では、皐月杯の優勝者が殺害される事件が起こり……という展開で、コナン(工藤新一)と服部平次の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む。吉岡さんは平次と和葉が通う高校のかるた部の主将・枚本未来子(ひらもと・みきこ)役、宮川さんは「皐月(さつき)会」に所属するかるた選手・関根康史役で出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る