MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:お盆シーズンは前年超えと好調 新作「スナックワールド」も

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 今年のお盆シーズンは前年をはるかに上回る売り上げとなりました。人気のニンテンドースイッチに加え、「ドラゴンクエスト11」(PS4・3DS、スクウェア・エニックス)のお陰で、PS4、3DS本体の売り上げも絶好調でした。

 ソフト部門では、「ドラゴンクエスト11」のほか、放送中のアニメも話題の新作「スナックワールド トレジャラーズ」(3DS、レベルファイブ)も小学校低学年を中心に非常にいい調子で売れています。大ブレークした「妖怪ウォッチ」の第1作と比べても1.5倍もの販売を記録。販売時期の関係もあるので一概に比較はできませんが、発売日をお盆近くに変更した効果は確実に出たと言えそうです。

 ◇今週の動き

 お盆シーズンが終わると静かになっていくのが例年の流れですが、今年はビッグタイトルが目白押しです。今回のトップは「モンスターハンター ダブルクロス」(NS、カプコン)でしょう。今のニンテンドースイッチのメインユーザーと親和性の高いコンテンツですし、3DS版のデータを引き継ぎできることもあってかなり期待できそうです。

 ◇ランキングは次の通り(7~13日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ドラゴンクエスト11(PS4)
2位 ドラゴンクエスト11(3DS)
3位 スナックワールド トレジャラーズ(3DS)
4位 ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン(PS4)
5位 スプラトゥーン2(NS)
6位 大逆転裁判2(3DS)
7位 マリオカート8 デラックス(NS)
8位 クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!(PS4)
9位 レイトン ミステリージャーニー(3DS)
10位 ロックマン クラシックス コレクション2(PS4)

 14~20日のランキング

1位 ドラゴンクエスト11(PS4)
2位 ドラゴンクエスト11(3DS)
3位 スナックワールド トレジャラーズ(3DS)
4位 ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ(PS4)
5位 スプラトゥーン2(NS)
6位 ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン(PS4)
7位 マリオカート8 デラックス(NS)
8位 大逆転裁判2(3DS)
9位 レイトン ミステリージャーニー(3DS)
10位 クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!(PS4)


 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る