MANTANWEB(まんたんウェブ)

富野由悠季監督:「アニメ聖地88」発表も「気に入らない」 「自分の作品がない」

アニメ
「C3AFA TOKYO 2017」で行われた「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」の発表会に登場した富野由悠季監督

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が26日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のアニメやゲームなどポップカルチャーの大型イベント「C3AFA TOKYO 2017」で行われた「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」(アニメツーリズム協会主催)の発表会に登場した。この日、アニメファンが選ぶアニメの舞台となった88カ所の“聖地”が発表され、同協会の会長を務める富野監督は「気に入らない。自分の作品がない。以降、会長の横暴ででっちあげたい」と冗談めかした。

 また、富野監督は「文芸ツーリズムが流行したことはなかった。時代ですね。この1年間、活動の中で、大問題が起きている。観光地の渋滞化もある。集まればいいってもんでもない!」とコメント。「アニメを出発にしてもいいんです。ただ、全部、アニメに落とし込むな!」などと持論を展開しつつ、「(協会の)理念の話をすると、これから1時間ガンガンしゃべることになる。やめておきます」と自粛する場面もあった。

 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」は、アニメの舞台となった“聖地”を選定することで、観光客誘致や地域活性化を図ることが目的。ファンによる投票や同協会の調査委によって今回、「ガールズ&パンツァー」の茨城県大洗町や「らき☆すた」の埼玉県久喜市など88カ所の聖地が選ばれた。イベントには元モーニング娘。の田中れいなさんらも登場した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る