真瀬樹里:故・野際陽子さんの娘が「トットちゃん!」で陽子さん役

テレビ
ドラマ「トットちゃん!」で故・野際陽子さんの役を演じる真瀬樹里さん(左)と、黒柳徹子さん役の清野菜名さん=テレビ朝日提供

 6月に肺腺がんのため81歳で亡くなった女優の野際陽子さんの娘で、女優の真瀬樹里(まなせ・じゅり)さんが、10月からスタートするテレビ朝日の昼の帯ドラマ「トットちゃん!」で、野際さん役を演じることが2日、明らかになった。

 「トットちゃん!」は、石坂浩二さん主演で倉本聰さんが脚本を手がけた「やすらぎの郷(さと)」が話題の「帯ドラマ劇場」枠の第2弾ドラマで、黒柳徹子さんと家族の激動の昭和史を描く。これまで映像化されていなかった「窓ぎわのトットちゃん」の時代のエピソードや、NHK時代、初めて明かされる“国境を越えた恋”など黒柳さんの半生に迫るという。10月2日から毎週月曜~金曜の午後0時半に放送。

 黒柳さんと野際さんは親友同士で、真瀬さんによると、今回の出演は黒柳さんからのじきじきのオファーがきっかけだったという。野際さん役ということで、最初は出演を悩んだという真瀬さんは「たとえ一部でも母の人生を“生きる”ことができるのは、とても貴重でありがたいことだなとうれしく思うようになりました」と出演を決意した心境を告白。

 役を演じるにあたり、髪を30センチ以上カットしたといい、「美容院でカットした直後、皆さんに写真を送ったら『すごく似ている!』と評判がよくてホッとしました」と明かし、「母が最後に出演した『やすらぎの郷』と同じ枠の帯ドラマということで、母がこの“縁”をつないでくれたのかな」とコメントを寄せている。

 真瀬さんのほか、里見浩太朗さんと浅野ゆう子さんの出演も今回発表された。真瀬さんは11月後半から登場する予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る