牙狼<GARO>:新作テレビアニメ「VANISHING LINE」が10月スタート 予告編も公開

テレビアニメ「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」のビジュアル(C)2017「VANISHING LINE」雨宮慶太/東北新社 
1 / 1
テレビアニメ「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」のビジュアル(C)2017「VANISHING LINE」雨宮慶太/東北新社 

 特撮ドラマやアニメが人気の「牙狼<GARO>」リリーズの新作テレビアニメ「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」が10月から放送されることが8日、明らかになった。「VANISHING LINE」はこれまで、「牙狼<GARO>」シリーズであることは明かされていなかったが、同シリーズの新作であることが発表された。激しいアクションシーンが描かれた予告編も公開された。

 「牙狼<GARO>」は雨宮慶太さんが手がける人気シリーズ。新作アニメ「VANISHING LINE」は、巨大都市・ラッセルシティを舞台に、巨大な陰謀が動き始め、ガロの称号を持つ魔戒騎士ソードが、陰謀を暴くため人知れず戦いに身を投じる……というストーリー。関智一さんがソードの声を担当するほか、声優として釘宮理恵さん、島崎信長さん、小清水亜美さん、浪川大輔さん、朴ロ美さん、堀内賢雄さんが出演する。音楽ユニット「JAM Project」がオープニングテーマ、歌手の奥井雅美さんがエンディングテーマをそれぞれ担当する。

 関さんは「実は1作目ではホラーを、2作目では敵の親玉として関わってきましたが、3作目にして大出世いたしました(笑い)。僕は特撮の大ファンでもありまして……。シリーズを汚すことなく、盛り上げられるように全力で取り組みたいと思います!」と意気込んでいる。アニメは10月6日からテレビ東京ほかで放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る