大鶴義丹:一人娘・弥安さんとテレビ初共演 母はマルシア…2人きりの寝泊まりに「緊張」?

テレビ
1日放送の「イチから住~前略、移住しました~」でテレビ初共演を果たす大鶴義丹さん(左)と娘の弥安さん

 俳優の大鶴義丹さんが、一人娘の弥安(びあん)さんとテレビ初共演することが1日、分かった。同日午後6時半から放送されるテレビ朝日系のバラエティー番組「イチから住(じゅう)~前略、移住しました~」で、北海道美瑛町で単身移住生活にチャレンジしている大鶴さんの元を、弥安さんが訪れる。

 弥安さんは、大鶴さんと元妻でタレントのマルシアさんとの間に生まれた一人娘で、19歳の大学生。大鶴さんとは現在も3カ月に1度の頻度で会っているという。番組で弥安さんは、2カ月ぶりに父の大鶴さんに会うため、美瑛を訪れるといい、大鶴さんも美瑛産の豚肉と野菜をたっぷり使った“トマトカレー”でもてなすほか、カメラの前で飾らない娘とのトークを繰り広げる。

 大鶴さんは「東京でも仲良くはしていますが、意外にアッサリと北海道に来ると言ってくれたのでうれしかったですね。弥安が東京の自宅に来ることもたまにありますが、旅行のように離れた場所で2人きりで寝泊まりするのは中学生以来。なので、楽しみ半分、大人になってしまった娘への緊張感半分、という思いでした」と娘とのテレビ初共演を振り返っている。

 一方、弥安さんは、大鶴さんの移住について「あのギラギラしていた大鶴義丹が北海道の牧場で朝から働かせていただいていると聞いたときは、“あぁ、父もそういう年齢になって、落ち着いたんだなぁ”と年齢を感じました」としみじみ。また、離れて暮らす大鶴さんに対しては「もう離れて暮らして14年近くになりますので、特に思うことはありません。ただ、奥さんと(大鶴さんの母の)李麗仙さんを大事にして仲良く暮らしてほしいと思っています」と語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る