ラプラスの魔女:櫻井翔の主演映画に豊川悦司、玉木宏、志田未来 サトエリ、TAO、リリー・フランキーも

映画
追加キャストとして発表された(上段左から)玉木宏さん、豊川悦司さん、(中段左から)志田未来さん、佐藤江梨子さん、TAOさん、(下段左から)高嶋政伸さん、檀れいさん、リリー・フランキーさん (C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

 東野圭吾さんのミステリー小説が原作で、人気グループ「嵐」の櫻井翔さんが主演し、2018年に公開される映画「ラプラスの魔女」(三池崇史監督)に、豊川悦司さん、玉木宏さん、志田未来さん、佐藤江梨子さん、TAOさん、高嶋政伸さん、檀れいさん、リリー・フランキーさんが出演することが1日、明らかになった。

 「自然現象下での硫化水素中毒死」という連続して起きた二つの不審死の調査を依頼された大学教授の青江修介(櫻井さん)は、目の前で次に起こる自然現象を言い当てる羽原円華(=うはら・まどか=広瀬すずさん)となりゆきで行動を共にすることになる。青江は、円華が失踪した青年・甘粕謙人(福士蒼汰さん)を探していることを知るが、そんな中、第3の事件が発生し……というストーリー。脚本は大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)や「下町ロケット」(同)などの八津弘幸さんが手がける。

 豊川さんは甘粕謙人の父親で、元映画監督の甘粕才生(さいせい)を演じ、玉木さんは事件を追う警視庁麻布北署の刑事・中岡祐二、志田さんは青江の助手・奥西哲子を演じる。また佐藤さんは硫化水素中毒死した水城義郎の妻・水城千佐都(みずき・ちさと)役、TAOさんは円華のボディーガード・桐宮玲役、高嶋さんは同じくボディーガードの武尾徹役で出演する。檀さんは円華の母親・羽原美奈を演じ、リリーさんは円華の父親で脳神経外科の医師・羽原全太朗を演じる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る