MANTANWEB(まんたんウェブ)

陸王:第6話視聴率は16.4% 茂木が快走で大勝利も一転こはぜ屋ピンチ!

ブック テレビ
連続ドラマ「陸王」の舞台あいさつに登場した(左から)山崎賢人さん、役所広司さん、竹内涼真さん

 俳優の役所広司さん主演で、人気作家・池井戸潤さんの小説を実写化した連続ドラマ「陸王」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が26日に放送され、平均視聴率は16.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。番組最高を記録した5話の16.8%から一歩後退したものの、好調をキープした。

 「陸王」は、池井戸さんの同名小説(集英社)が原作。資金繰りに苦しむ老舗の足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一(役所さん)が、足袋製造の技術を生かしたランニングシューズを開発して世界的なスポーツブランドと争う。池井戸さん原作の連続ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」と同じ「日曜劇場」枠で、山崎賢人さんや竹内涼真さんら旬の若手俳優をはじめ、上白石萌音さん、風間俊介さん、ピエール瀧さん、阿川佐和子さん、檀ふみさん、寺尾聰さんら豪華キャストが出演している。

 第6話では、ニューイヤー駅伝でメンバーに復帰した茂木が、アトランティス社のシューズではなく、こはぜ屋の「陸王」を選択。レースの序盤、茂木(竹内さん)の所属するダイワ食品は3位の好位置に付けるが、4区のエースが失速し、6区の茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走るライバルの毛塚(佐野岳さん)と静かに火花を散らす茂木。声をふり絞って声援を送る紘一(役所広司さん)らこはぜ屋のメンバーたち。茂木は快走で勝利を収めるが、一方でタチバナラッセルとの取引に暗雲が垂れこめる……という展開だった。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る