MANTANWEB(まんたんウェブ)

池田エライザ:“幽霊の悩み解決”する主演映画でオカルト女子に「優しい気持ちで見て」

映画
池田エライザさんの主演映画「ルームロンダリング」のビジュアル(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

 モデルで女優の池田エライザさんが、映画「ルームロンダリング」(片桐健滋監督)に主演することが7日、明らかになった。池田さんが演じる幽霊と会話ができる能力を持つオカルト女子・八雲御子(やくも・みこ)が、浄化するため“訳あり物件”ばかりに引っ越し、この世に未練を残す幽霊たちの悩みを解決していくストーリーだ。映画は2018年に公開予定。

 池田さんは「いとおしいと思える台本に出会えたことが素直に幸せだと感じました」といい「誰に出会い、何を思い、何を大切だと思うか。それが人の心を育てていくということを、命の垣根を超えて教えてくれる作品になりました。小さな女の子がぬいぐるみを抱えるように、優しい気持ちで見てもらえると思っています。ちょっぴりおかしなキャラクターたちをよろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

 映画は、新たな映像クリエーターの発掘を目的としたコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015」で準グランプリに選ばれた片桐監督の作品を実写化。物語は、5歳で父親が死別、その翌年に母親が失踪し、天涯孤独になった御子は、母の弟の雷土悟郎(いかづぢ・ごろう)から住む場所とアルバイトを用意してもらう。そのアルバイトは物件を浄化する“ルームロンダリング”だった……というストーリー。悟郎はオダギリジョーさんが演じるほか、幽霊役で渋川清彦さんと光宗薫さん、隣人役で健太郎さんも出演する。

 また、同作のコミカライズが、12日発売のマンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)1月号から連載される。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る