MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週の99.9:シーズン2第4話 佐田が民事のライバル弁護士と対決!

テレビ
ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」第4話の場面写真=TBS提供

 人気グループ「嵐」の松本潤さんが変わり者の刑事専門弁護士役で主演するTBS系「日曜劇場」枠の連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(日曜午後9時)。4日に放送される第4話では、お笑い芸人のユリオカ超特Qさんが、ゲストとして連ドラ初出演する。主人公の深山(松本さん)らが所属する斑目法律事務所に弁護の依頼をする岩村梢(有森也実さん)の夫役。取引先の専務を殺害後に自殺し、既に検察で不起訴処分となっている事件の被疑者・岩村直樹を演じている。被疑者死亡で裁判が開かれない今回の事件、深山たちはどうやって真実を突き止めるのか?

 刑事事件の弁護を依頼するため、梢が斑目法律事務所に相談に訪れる。梢の夫で工場社長の直樹は、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後に自殺したため、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になった。梢は幸次郎の兄で同製作所社長・政一郎(迫田孝也さん)から3億円の損害賠償請求をされていた。しかし、梢はその日に届いたメールから、直樹は絶対に殺人を犯してないと確信していた。

 佐田(香川照之さん)は、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと依頼を断る。しかし、深山は既に事件現場に向かっていた。連れ戻すように佐田に指示された舞子(木村文乃さん)も、深山のペースに巻き込まれて共に調査することになり、警察と検察の刑事記録に矛盾があることが判明する……。

 佐田は、直樹が莫大(ばくだい)な価値のあるエンジンに関する特許を個人で持っていることに気づき、梢の依頼を正式に引き受けることにして、政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正さん)に会いに行く。森本は民事でやり手の弁護士で、佐田とは面識はないが、お互い名前を知っているライバル関係だった。

 状況証拠をそろえて、再調査を依頼するが、検察に取り合ってもらえない深山たち。すると佐田がある“奇策”を思いつく……。

 「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追究しようとする刑事専門弁護士たちの活躍を描く。

 「SEASONII」は、前作での弁護士VS検事の構図に裁判官を加えたトライアングルが描かれ、新ヒロインとして元裁判官の弁護士・尾崎舞子役で木村さん、深山の前に立ちはだかるエリート裁判官・川上役で笑福亭鶴瓶さんも出演している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る