斎藤工:長編デビュー作公開に感慨 「一生分の運を使った気分です」

映画
映画「blank13」の初日舞台あいさつに登場した齊藤工監督

 俳優の斎藤工さんが3日、シネマート新宿(東京都新宿区)で、「齊藤工」名義で監督を務めた長編デビュー作となる映画「blank13」の初日舞台あいさつを行った。主演の高橋一生さん、神野三鈴さん、リリー・フランキーさんとともに登壇した斎藤さんは「小さな雑談から始まった話が、こんなに華々しい場所で、こんな素晴らしいキャストと(公開を)迎えられて、一生分の運を使った気分です」と感慨深げに語った。

 映画は、13年前に突然失踪した父(リリー・フランキーさん)が余命3カ月で見つかったことから始まる家族の物語。息子のコウジを演じた高橋さんは「僕は細かいことを今回やらせていただいて、分かりやすいことを排除していました。表面に出るものを極力抑えていたのに、工さんが信頼して、やらせていただいたことが、何よりもうれしかった」と明かし、「工さんは今作に俳優としても出ていますが、僕は監督さんとして認識して仕事させていただいて、とても心強かったですね」と感謝した。

 今作は海外の映画賞受賞で6冠を受賞しており、斎藤さんは「文化の違いでどう動くのかと不安もあったんですけど、ハートランド映画祭というアメリカの田舎町の映画祭で、上映中に声を出しながら突っ込んでいるマダムがいらっしゃって、手厳しいなと思っていたんですけど、最後は(その)声を上げてくれた人が、涙を流してハグをしてくれたんですね。『これは私の映画だ』と言われたのが、どんな賞よりもうれしい出来事でした」としみじみと振り返った。

 そして、最後は「僕はただの映画大好き少年で、この劇場にも小さいころから来ていました。でも良い映画を撮るというのは全く別問題で、映画を撮る才能があるなんて口が裂けても言えません。でも、この映画は準備から撮影まで奇跡的なことがたくさん起こったので、必然的だったと思います。映画の神様がほほ笑んだ『blank13』を、ぜひ劇場で見てほしいです」と呼びかけていた。

 映画は放送作家のはしもとこうじさんの実話を基にしており、コウジは父の葬儀で生前親交のあった知人たちからの思い出話で意外な一面を知り、父への感情を変化させていく。コウジの彼女役を松岡茉優さん、母親役を神野さんが演じており、斎藤さん自身もコウジの兄役で出演。ミュージシャンとしても活躍する金子ノブアキさんが音楽監督を務め、出演もしている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る