岩田剛典:地元・名古屋でファンと交流 きわどい質問にも笑顔で回答「パンツは自前?」

名古屋市内で行われた主演映画「去年の冬、きみと別れ」の舞台あいさつに登場した岩田剛典さん
1 / 23
名古屋市内で行われた主演映画「去年の冬、きみと別れ」の舞台あいさつに登場した岩田剛典さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(三代目JSB)の岩田剛典さんが17日、出身地の名古屋で、公開中の主演映画「去年の冬、きみと別れ」(瀧本智行監督)の舞台あいさつを行った。この日は集まったファンからの質問も受け付け、「(劇中の)岩田さんのパンツは自前?」というきわどい質問や「なんでそんなにかっこいいんですか」「(三代目JSBで)いちばん仲のいいメンバーは誰?」といった質問に、岩田さんは爽やかな笑顔で答えていた。

 地元とあって、岩田さんが「ただいま!」とあいさつすると、ファンは「おかえり!」と大合唱。質問を募集すると、続々と手が挙がった。パンツについての質問に、岩田さんは「あれはさすがに劇中用の無地の黒」と即答。「なんでそんなにかっこいいんですか」という質問にも「なんでそんなに可愛いんですか」と笑顔で切り返し、悲鳴のような歓声を浴びた。最も仲のいいメンバーについては「順番は付けられないですね。よくご飯に行ったり、飲みに行ったりしているのは、今年は、NAOTOさんが多いですね」と話していた。

 この日は、女優の土村芳(かほ)さんも登場。2人は朝から大阪、福岡でも舞台あいさつを行っており、岩田さんは「びっくりするぐらい小さい、おもちゃみたいな飛行機に乗って(名古屋に)来ました。あんなのあるんだと思って楽しかったです」と“弾丸ツアー”を振り返った。また、岩田さんの魅力について聞かれた土村さんは「とにかく優しい方。ヤバッていうときもすかさずフォローしてくれるような、細かいところに気づいてくれる方」と絶賛した。

 映画は、芥川賞作家の中村文則さんの同名サスペンス小説が原作。記者の耶雲(岩田さん)が、本の出版を目指して、猟奇殺人事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂(斎藤工さん)に目を付ける。耶雲は、美しく怪しげな魅力を放つ木原坂を追ううちに、抜けることのできないわなに迷い込み、やがて耶雲の婚約者・松田百合子(山本美月さん)まで狙われてしまう……というストーリー。土村さんは、木原坂のモデルを務めていた盲目の美女、吉岡亜希子を演じた。

写真を見る全 23 枚

映画 最新記事