Paravi:TBS、テレ東、WOWOWの動画配信サービス開始へ 売りは「最大級の国内ドラマアーカイブ」

テレビ
「Paravi」のサービススタート会見に登場した(左から)増田和也アナ、宇垣美里アナ、鷲見玲奈アナ、石井大裕アナ

 東京放送ホールディングスや日本経済新聞社など6社が共同出資した「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)」(東京都港区)が運営する動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が4月1日にサービスを開始する。3月27日に開かれた会見でPPJの高綱康裕社長は、Paraviを「最大級の国内ドラマアーカイブ」としたことについて「数がどんどん増えるので正確な数は把握しきれないが、TBSやテレビ東京、WOWOWのドラマなどがあり、8000本以上。1カ月後には1万本になると思う」と明かして、サービスの充実ぶりをアピールした。

 PPJは、東京放送ホールディングスや日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズの6社が共同出資した。資本金は40億円で、昨年7月に発足。筆頭株主は東京放送ホールディングスの31.5%。

 「Paravi」は、TBSとテレビ東京、WOWOWの映像コンテンツ、日本経済新聞の経済コンテンツを活用した動画配信サービス。ドラマやバラエティー、スポーツ、映画、報道番組が視聴できる。4Kコンテンツも配信する予定。月額999円で4月末まで無料。

 TBSの人気ドラマ「ケイゾク」「SPEC」シリーズの最新作「SPECサーガ完結篇 『SICK’S 恕乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」を独占配信するほか、今後もオリジナルコンテンツを投入。各社の強みを生かしたバラエティー、ニュース番組、文化・教養のコンテンツを配信する。音楽ライブや舞台、スポーツイベントのライブストリーミングも行うという。

 ドラマのアーカイブとして、TBSの「逃げるは恥だが役に立つ」やテレビ東京の「孤独のグルメ」、WOWOWの「ドラマW」などを配信。テレビ東京と日本経済新聞社が協力する「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」「未来世紀ジパング」「カンブリア宮殿」の看板経済4番組、ジャーナリストの池上彰さんの報道番組も配信する。

 動画配信サービスでは「Netflix(ネットフリックス)」や「Hulu」、アマゾンの会員向け映像配信サービス「プライム・ビデオ」などが先行しており、オリジナルコンテンツを配信するなど力を入れている。コンテンツ制作会社の囲い込みも始まっており、「Paravi」も各社が連合して対抗することで、シェア争いが激化しそうだ。

 同日の会見には、TBSの宇垣美里アナウンサー、石井大裕アナ、テレビ東京の鷲見玲奈アナ、増田和也アナも登場し、新サービスをアピールした。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る