MANTANWEB(まんたんウェブ)

ブラックペアン:原作者・海堂尊が撮影現場を訪問 主演・二宮は「予想をはるかに超えている」と絶賛

ブック テレビ
連続ドラマ「ブラックペアン」の撮影現場を訪れた海堂尊さん(中央)と二宮和也さん(右から2人目)ら出演者 =TBS提供

 人気グループ「嵐」の二宮和也さんが主演する日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系、22日から毎週日曜午後9時)の撮影現場を、このほど原作者の海堂尊さんが訪問。海堂さんは、二宮さんのほか竹内涼真さん、葵わかなさん、小泉孝太郎さんらが出演する手術シーンの撮影を見学し、二宮さんについて「予想ははるかに超えていました。もちろん多少のリップサービスはありますけど(笑い)」とジョークを交えて絶賛した。

 海堂さんは撮影現場を見学し、「原作は10年前の執筆時に、その20年前を描いた作品ですが、撮影を拝見していると、“物語が現代によみがえった”という感じがしてワクワクしました。原作の舞台は1988年と今から30年前なので、医療を取り巻く環境はかなり違う」と感想を語っている。

 ドラマは、「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂さんの小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。天才外科医が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描く。二宮さんは「半沢直樹」「下町ロケット」など数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」に初主演で、“オペ室の悪魔”と呼ばれる天才外科医・渡海征司郎(とかい・せいしろう)を演じる。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る