MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週のブラックペアン:オペ室の悪魔・ニノが“絶対不可能”な手術に挑む 命じた内野聖陽の狙いは…

ブック テレビ
ドラマ「ブラックペアン」第3話のワンシーン (C)TBS

 人気グループ「嵐」の二宮和也さんが主演の連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系、日曜午後9時)の第3話が6日、放送される。二宮さん演じる“オペ室の悪魔”と呼ばれる天才外科医・渡海が、内野聖陽さん演じる佐伯教授に、心臓の構造に問題があるVIP患者のスナイプ手術を行うよう命じられる。

 最新医療用機器のスナイプを使った手術で結果が出せない高階(小泉孝太郎さん)は後がなくなっていた。そんなとき心臓を患った2人の患者が来る。そのうち1人は、厚生労働省の次期事務次官候補の息子・田村隼人だった。隼人は短期間で回復が見込めるスナイプ手術を希望したが、事前検査で心臓の構造に問題があると判明。VIP患者なだけに意気込んでいた高階だったが、断腸の思いでスナイプ手術をあきらめようとする。しかし佐伯教授は、渡海に隼人のスナイプ手術を行うよう命令し……というストーリー。同番組のホームページにある予告動画では「オペ室の悪魔が挑む 絶対不可能な手術」などと告知されている。

 ドラマは、天才外科医の渡海が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描く。渡海に振り回される研修医の世良雅志を竹内涼真さんが演じているほか、葵わかなさん、市川猿之助さん、加藤綾子さんらが出演している。3話は、ソムリエの田崎真也さん、お天気キャスターの依田司さん、高地優吾さんがゲスト出演し、高地さんがVIP患者の隼人を演じる。

 これまでは、渡海が在籍する東城大の緊急手術でミスが起き、執刀医らがパニックになったところに、突然現れた渡海が鮮やかな手術をする。だが渡海は金を要求する行為もあって、周囲から浮いていた。帝華大から来た新任講師の高階は、手術の技量に左右されないスナイプ手術を提案。手術は成功したかに見えたか、術後にトラブルが発生する。同僚からの反発を受けた高階は、2例目のスナイプ手術にこぎ着けるが、佐伯教授が出した手術の条件は、高階の立ち会いを認めないことだった。そして本番では、執刀医のミスでトラブルが発生し、渡海が見事な腕を見せて患者の命を救う……という展開だった。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る