MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:第22回「偉大な兄 地ごろな弟」 吉之助が久光を田舎者扱い 確執の始まり…さらに京では!

テレビ
NHKの大河ドラマ「西郷どん」第22回の一場面 (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第22回「偉大な兄 地ごろな弟」が10日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。薩摩に戻った吉之助は、国父・島津久光(青木崇高さん)と対面する。しかし、“偉大な兄”斉彬(渡辺謙さん)の遺志を引き継ごうとする久光を「地ごろ(田舎者)」扱いするなど、吉之助の言葉に久光は激高。さらに吉之助は久光の命に背き、京へと向かい……。

 一蔵(瑛太さん)の助力により、3年ぶりに薩摩に戻り「大島三右衛門」と名を改めた吉之助。久光と対面を果たすが、薩摩を一度も出たことがない久光では、兵を率いて京へと上がり、天皇から詔を賜り、幕府に改革を迫るという、「上洛(らく)計画」は無謀であると批判し、久光を怒らせてしまう。

 一方で一蔵は、他藩の浪士たちと倒幕の狼煙(のろし)をあげようとしていた有馬新七(増田修一朗さん)らを止めようと必死で説得を試みる。血気にはやるメンバーの中には、有馬の影響を受けた吉之助の弟・信吾(錦戸亮さん)もいて、久光の上洛軍を下関で迎える役目を与えられていた吉之助は、その命を破り急ぎ京へ向かう。

 「西郷どん」は、明治維新150年となる2018年放送の大河ドラマ57作目。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿にカリスマ藩主・島津斉彬が目を留める。斉彬の密命を担い、西郷は江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

 第21回「別れの唄」は、吉之助は愛加那(二階堂ふみさん)との間に子供が生まれ、ついに父になる。ある日、島へとやってきたのは、正助から名を改めた友の一蔵。久光への働きかけにより、薩摩に帰還できることになったと聞き、吉之助の心の奥は揺れる。おなかの中に新しい命を宿した愛加那は、島で“母子3人”生きていくことを決意。そして吉之助は、愛加那や島民たちの島唄に送り出され、薩摩に戻る……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る