MANTANWEB(まんたんウェブ)

とろサーモン:M-1優勝でマネジャーがパンク 「どこかへ行きました」

芸能 テレビ
「M-1グランプリ2018」の開催会見に登場した「とろサーモン」

 漫才コンテスト「M-1グランプリ2018」(ABC・テレビ朝日系)の開催会見が21日、東京都内で開かれ、前回王者のお笑いコンビ「とろサーモン」が登場した。久保田かずのぶさんは「優勝してから3カ月で(テレビの出演が)約280本。マネジャーがパンクしました。20~30本仕事を流してどこかへ行きました」と話して、観客を笑わせていた。

 優勝賞金(1000万円)の使い道を聞かれた相方の村田秀亮さんは「毎日仕事が7本ぐらいあって、眠れないしストレスも半端でない。散財しまして、服を買ったり、飲みに行って……。(クレジット)カードの支払いが半端でなく、自分でも引くぐらい。もうあまり残っていないですね」と明かし、司会の「トータルテンボス」から「泡沫(うたかた)マネーですからね」と言われていた。

 また昨年のM-1の会見で「優勝したら彼女と結婚する」と言っていた久保田さんだが、村田さんは「(久保田さんが)彼女と住むために家を借りたのですが、最近振られたんですよ」と“暴露”。久保田さんは「ワードとして残っているのは、『食べ方が汚い』と……」と答えてガッカリしていた。

 会見には「スーパーマラドーナ」「ジャルジャル」「かまいたち」「三四郎」「和牛」「マヂカルラブリー」「さらば青春の光」「ミキ」「ゆにばーす」「さや香」が出席。昨年のM-1に出場したものの、審査員の上沼恵美子さんに「好みじゃない」などと酷評されたマヂカルラブリーの野田クリスタルさんは、「警戒しているライバルは?」という質問に「ライバルは上沼さんですね」と答えて、出演者を笑わせていた。

 コンテストは2001年からスタートし、「中川家」や「フットボールアワー」「ブラックマヨネーズ」「チュートリアル」らがグランプリに輝くなど人気コンビを輩出している。10年に一度終了したが、15年に復活した。出場資格は、コンビ結成15年以内で、プロ・アマ、事務所所属の経験は問わない。エントリーは本日21日~8月31日。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る