MANTANWEB(まんたんウェブ)

荒木飛呂彦:若さの秘訣「DNAですかね?」と苦笑

アニメ マンガ
「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の発表会に登場した荒木飛呂彦さん

 「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで知られるマンガ家・荒木飛呂彦さん(58)が21日、国立新美術館(東京都港区)で開かれた「荒木飛呂彦原画展 JOJO -冒険の波紋-」発表会後に取材に応じた。不老不死のキャラクターを描き、自身の“若すぎる”外見から「年を取らない」といわれている荒木さんは「年は取っていますよ」と即答。若さの秘訣(ひけつ)を聞かれると「普段は休む。遊びたいですよね。週8日とかでは働いてないです。どこか行きたいというのはあります。何だろうね。DNAですかね? 分からないです、本当に。でも絶対に年を取ってます。やばいなあと思うもん」と苦笑していた。

 今月58歳になった荒木さんは「(会見で若さの質問があると)東京都の水道水で洗ってますとノリで答えてますが、絶対に年を取ってます。日々つらいときもあります」と本音をポロリ。老いを感じるのは「足腰が硬い。若いときは(マンガを描いて筋肉痛は)なかったですね。(原画展のような)大型原画を描くと筋肉痛になる」と話していた。

 「荒木飛呂彦原画展」は、荒木さんが描き下ろした縦2メートルの原画12枚などを展示する。東京の会期は8月24日~10月1日で、国立新美術館で開催される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る