MANTANWEB(まんたんウェブ)

福士蒼汰:あだ名は「ふーちゃん」 早乙女太一の暴露に照れ笑い

映画
名古屋市内で行われた主演映画「BLEACH」の舞台あいさつに登場した福士蒼汰さん(左)と早乙女太一さん

 俳優の福士蒼汰さんと早乙女太一さんが4日、名古屋市内で開催された映画「BLEACH(ブリーチ)」(佐藤信介監督、20日公開)の試写会で舞台あいさつに登場した。早乙女さんが福士さんを「ふーちゃん」というあだ名で呼んでいることを暴露すると、福士さんは「ははは」と照れ笑い。福士さんは早乙女さんのことを「たいちゃん」と呼んでいると明かした。

 この日、撮影現場での2人のエピソードを聞かれると、福士さんは早乙女さんについて「全然しゃべらない人かなと思ったけど、話しかけてくれたりとか、2人で(アプリを使って)“顔交換”したりとかしました」とにっこり。早乙女さんが「楽しかったですよ。(自身が演じた)恋次(れんじ)の格好にふーちゃんの顔が入るとか……」と話すと、客席から「ふーちゃん!?」と、そのあだ名に驚きの声が次々と上がった。

 さらに早乙女さんをどう呼んでいるか聞かれた福士さんは「恥ずかしいからあんまり呼ばないんですけど……『たいちゃん』。恥ずかしいんだよね」と明かし、2人の仲良しエピソードに観客は歓声を上げていた。

 映画は、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された久保帯人さんのマンガが原作。幽霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護(いちご、福士さん)が、死神と名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花さん)から、死神の力の一部を渡され、高校生兼死神代行となって人の魂を喰らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」と戦うことになる……というストーリー。早乙女さんは、死神の阿散井(あばらい)恋次を演じた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る