MD松尾のヒット解析:「龍が如く3」が予想外のヒット 「世界樹の迷宮クロス」も

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 8月上旬のランキングでは、人気ダンジョンRPGの最新作「世界樹の迷宮クロス」(3DS、アトラス)が期待通りの強さを発揮し、初登場首位に輝きました。一時欠品したほどの人気で、もし在庫があればもっと伸びたかもしれません。「メイド イン ワリオ ゴージャス」(3DS、任天堂)も好調で、シリーズの過去作と比べても最高の出だしになっています。「プロ野球 ファミスタ エボリューション」(NS、バンダイナムコエンターテインメント)もまずまずで、スイッチ初の野球ゲームとして定番化していくとみています。

 お盆前のランキングは、「龍が如く3」(PS4、セガゲームス)がトップと正直予想外の結果になりました。人気シリーズのPS4移植版ではあるものの、これまでより若い20代のユーザーが増えており、そうしたユーザーにとっては新作という扱いだったということでしょうか。確かに1、2のリメーク版にあたる「極」のころから若いユーザーが増えており、そう考えると今回のヒットも納得ですね。「メイド イン ワリオ ゴージャス」に続いて新作の「ファイヤープロレスリング ワールド」(PS4、スパイク・チュンソフト)も3位。予測ぴったりの販売数となりましたが、最近のレスラーが多かったので、オールドレスラーがもう少し多ければ、さらに伸びたかも?

 ◇今週の動き

 新作の発売はないので定番タイトル主体のランキングになりそう。「メイド イン ワリオ ゴージャス」(3DS、任天堂)、「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」(NS、バンダイナムコエンターテインメント)、「マインクラフト」(NS、マイクロソフト)、「龍が如く3」あたりが上位を占めそうです。

 ◇ランキングは次の通り(7月30日~8月5日・TSUTAYA調べ・限定版含む)
1位 世界樹の迷宮クロス(NS)
2位 メイド イン ワリオ ゴージャス(NS)
3位 プロ野球 ファミスタ エボリューション(NS)
4位 オクトパストラベラー(NS)
5位 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(NS)
6位 マインクラフト(NS)
7位 サガ スカーレット グレイス 緋色の野望(PS4)
8位 マリオテニス エース(NS)
9位 ボーダーブレイク(PS4)
10位 マリオカート8 デラックス(NS)

 ◇8月6~12日のランキング

1位 龍が如く3(PS4)
2位 メイド イン ワリオ ゴージャス(NS)
3位 ファイヤープロレスリング ワールド(PS4)
4位 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(NS)
5位 マインクラフト(NS)
6位 オクトパストラベラー(NS)
7位 マリオテニス エース(NS)
8位 プロ野球 ファミスタ エボリューション(NS)
9位 レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀DX(NS)
10位 マリオカート8 デラックス(NS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る