MANTANWEB(まんたんウェブ)

芳根京子:映画「累」完成披露で感涙「命懸けた」 土屋太鳳と熱いハグ

映画 マンガ
映画「累-かさね-」の完成披露試写会に登場した芳根京子さん(左)と土屋太鳳さん

 女優の土屋太鳳さんと芳根京子さんがダブル主演する映画「累-かさね-」(佐藤祐市監督、9月7日公開)の完成披露試写会が22日、東京都内で開催された。芳根さんは「本当に太鳳ちゃんと手をつなぎ合ってハグし合って、身を削って苦しみながらも、助け合いながら、本当に命を懸けて撮影させていただきました。本当に今日を迎えられることがうれしい」と思いを語り涙を流した。そんな芳根さんを土屋さんはハグし、固い絆を見せた。

 芳根さんは冒頭のあいさつから感極まり涙ぐむ場面があり、ことあるごとに隣の土屋さんと手を握り合っていた。土屋さんは自身が演じたニナについて「役の持つ威力がすごすぎて、押しつぶされました。ニナちゃんは、普通の美人ではなくて絶世の美人。そして、累と入れ替わったら演技の天才。これはハードルが高い。どうしよう、恐ろしいと思いました。でも、京子ちゃんはじめ共演者やスタッフの皆さんに支えていただいた。パワーをいただいて乗り越えられたと思います」と語った。

 舞台あいさつには、人気グループ「関ジャニ∞」の横山裕さん、檀れいさん、浅野忠信さん、佐藤監督も登場した。

 映画は、マンガ誌「イブニング」(講談社)で連載中の松浦だるまさんのマンガが原作。伝説の女優を母に持つ累は、天才的な演技力を持ちながらも、醜い容貌を恨み続けて生きてきた。一方、美貌を持ちながらも、花開かずにいる舞台女優のニナは、とある理由から女優として大成することに異常な執念を募らせていた。“美貌”と“才能”、互いの足りない部分を埋めるように導かれた2人は反発しながらも互いの目的のため、累の母親が残した、キスした相手と顔を入れ替えることができる不思議な力を秘めた口紅の力を借りて、入れ替わることを受け入れる……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る