YOSHIKI:24時間テレビ初出演 盲目のドラム少年の夢をかなえるコラボ披露

チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」に登場したYOSHIKIさん(左)とコラボした酒井響希くん=日本テレビ提供
1 / 6
チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」に登場したYOSHIKIさん(左)とコラボした酒井響希くん=日本テレビ提供

 ロックバンド「X JAPAN」リーダーのYOSHIKIさんが26日、日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」に初出演した。YOSHIKIさんに憧れてドラマーを目指す11歳の目が不自由な酒井響希くんの夢をかなえるため、日本武道館(東京都千代田区)のステージで「X JAPAN」の楽曲「紅」「ENDLESS RAIN」のコラボパフォーマンスを2人で披露した。

 「紅」は酒井くんがドラムをたたいている後ろでYOSHIKIさんは温かく見守っていたが、「ENDLESS RAIN」ではYOSHIKIさんがピアノを弾き、酒井くんのドラムとコラボした。演奏が終わると、酒井くんは「憧れのYOSHIKIさんと一緒に演奏できて、音楽に包み込まれたような気がして、気持ち良かった」とコメント。YOSHIKIさんは「勇気を与えるつもりで来たんですけど、逆に勇気をいただいた」と語った。

 YOSHIKIさんはこの出演のために、25日(日本時間)に米ロサンゼルスで行われたライブ終了後、緊急帰国した。

 「24時間テレビ 愛は地球を救う」は、毎夏に放送される長寿チャリティー番組で、1978年から始まり、今年で41回目。今回のテーマは「人生を変えてくれた人」で、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演で、故・石ノ森章太郎さんを描くスペシャルドラマなどを放送した。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る