MANTANWEB(まんたんウェブ)

岡田准一:主演映画「散り椿」初日に感涙 木村監督の姿に「もらい泣きしました」

映画
映画「散り椿」の初日舞台あいさつで涙を流す岡田准一さん(左)とハンカチを渡した西島秀俊さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが28日、東京都内で行われた主演映画「散り椿」(木村大作監督)の初日舞台あいさつに登場。冒頭で感極まった様子の木村監督のあとに、木村監督との撮影の思い出を聞かれた岡田さんは「大作さんの思いみたいなのを……」と声を詰まらせ涙。西島秀俊さんからハンカチを手渡されて照れ笑いを浮かべ、「さっき感極まっていたのを見て、もらい泣きしましたけど……。映画ってこうなんだなって、一本一本、人生を懸けて撮られている背中を見せていただいた感じがすごくしました」と声を震わせて語った。

 舞台あいさつには岡田さん、西島さん、黒木華さん、池松壮亮さん、木村監督が出席。木村監督はあいさつ前に「わあー!」と絶叫し、興奮。続けて「泣きそうなんです。今日は本当にありがとうございました。来年80歳になる男が、皆様を見て、感動しています」と感極まっていた。

 岡田さんは「一番の理解者でありたいと思ったし。言葉悪いですけど……友のように、思いながら……」と再び声を震わせ、「ずっと一緒に撮影させてもらって。今、人生の終焉(しゅうえん)を歩いているとおっしゃっていて、そのときに僕とやりたいと言ってくださっている重さも感じながら、光栄に思いながら……います」と途切れ途切れに語った。

 映画は、直木賞作家・葉室麟さんの時代小説が原作。舞台は享保15(1730)年。剣豪である瓜生新兵衛(岡田さん)は藩の不正を訴え出たために、時の権力に負けて藩を追放される。追放後、妻の篠(麻生久美子さん)が病に倒れ、死を迎えようとしたとき、「藩に戻りて、榊原采女(うねめ、西島秀俊さん)様を助けてほしい」と最期の願いを託す。采女は新兵衛にとってかつての友で、良きライバルであり、篠を巡る恋敵でもあったが、新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁を持つ相手だった。新兵衛は妻の最期の願いをかなえるため、やがて采女と対峙(たいじ)する……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る