MANTANWEB(まんたんウェブ)

阿部寛:大ブレークの竹内涼真に「目の奥に光るものが違った」

テレビ
「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の第1話試写会&舞台あいさつに登場した竹内涼真さん(左)と阿部寛さん

 俳優の阿部寛さんが7日、東京都内で行われた連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)の完成披露特別試写会&舞台あいさつに、共演の竹内涼真さんらと登場。同作は、2015年10月期に同局の「日曜劇場」枠で放送された同名ドラマの続編。前作で佃製作所の立花洋介役を演じ、その後、主演映画をはじめ数々の作品でブレークした竹内さんについて、阿部さんは「目の奥に光るものが違った。彼はすごく集中力があって伸びてくると思っていた」と当時を振り返った。

 阿部さんは続けて「ある日、(竹内さんに)『その集中力はどこからくるんだ』って質問したことがあった。いろいろ勉強してて。ある本を読んで一日集中力が切れないんですって。非常に努力家だと思う」と絶賛した。竹内さんは「日曜劇場の撮影はすごく大変で、寝られなかったり、つらい撮影ばかり。出来上がった作品(第1話)を見て、阿部さんを信じてやってきて良かったって思います」と充実した表情を見せた。

 舞台あいさつには、阿部さん、竹内さんのほか、安田顕さんと立川談春さん、真矢ミキさんといった前作までの面々に、今回から加わる尾上菊之助さん、古舘伊知郎さんも出席。安田さんは、当時の竹内さんについて「3年前からいくんだろうなと思った」と振り返り、「まさか、ここまで。すごいですよね。(撮影現場では)ギャラリーの声で竹内君がどこにいるか分かるぐらい。『国民の彼氏』って言われてますからね。だから私は『おはよう!国民!』って言ってます。これからもどんどん伸びていって、国民の大きな存在になっていってほしい」とエールを贈った。

 談春さんも「素人目で見てても、素直っていうのか、きっといくんだろうなって(思った)。そうしたら、こんなに大きくなって。(撮影などで)この勢いのある竹内涼真を至近距離で見てて、すごいものを見ているんだろうなって思っている」と感心していた。

 「下町ロケット」は、池井戸潤さんの直木賞受賞作が原作。続編は、特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員の力を合わせて切り抜けてきた「佃製作所」に、絶対絶命のピンチが次々と起きる。ピンチを切り抜けるため佃製作所は“宇宙から大地へ”大きな転換期を迎える……という内容。14日から毎週日曜午後9時に放送。初回は25分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る