MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「ハナレイ・ベイ」ハワイで一人息子を亡くした母親の喪失感を吉田羊が好演 村上春樹の短編を映画化

映画
映画「ハナレイ・ベイ」の場面写真 (C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会

 女優の吉田羊さん主演の「ハナレイ・ベイ」(松永大司監督)が19日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開された。村上春樹さんの短編集「東京奇譚集」(新潮文庫)収録の同名小説が原作。ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマー、佐野玲於さん、村上虹郎さんらも出演。ハワイで一人息子を亡くした母親が喪失と向き合い、もがく姿を吉田さんが生々しく演じている。

 シングルマザーのサチ(吉田さん)は、息子のタカシ(佐野さん)が、ハワイのカウアイ島にある美しい湾、ハナレイ・ベイで、サーフィン中にサメに襲われて亡くなったとの知らせを受ける。以来10年間、命日の時期になると息子の亡くなった海辺近くの木の下で読書をするサチ。ある日、サチは2人の若いサーファーと出会い、「片足の日本人のサーファーがいた」といううわさを聞く……というストーリー。

 今年、映画「虹色デイズ」で主演の一人を演じた佐野さんが、サーフィンに初挑戦。母親との関係が難しい年頃の息子役を繊細に演じている。サチに変化を与えるサーファー役には、主演作「銃」が来月17日公開予定で、独特の存在感が光る村上さん。サチの心にスッと入り込む無邪気さを自然体で演じた。栗原類さんやプロサーファーでタレントの佐藤魁さんも出演している。

 冒頭から「喪失」が突然やって来る。生前の息子と心を重ねられなかったことを悔やむ母親の姿が、日を変えて何度も登場する。息子の愛した土地で、面影を追いながら自問自答するが、答えはなかなか出ない。吉田さんが、喪失感にもがきながら自身の人生に向き合う母親を好演している。

 ハワイの圧倒的な大自然と比較して人間の小ささが際立つ。映画が進むにつれて風景の見え方が変わってくる。サチが2人の若者からサーフィン指南を受けるシーンでは、雰囲気がガラリと変わり、演技を超えてリアルに楽しんでいる様子がうかがえる。サチが亡き息子を理解していく過程としても、重要ですてきなシーンだ。
 
 「ノルウェイの森」(10年)の小川真司プロデューサーが、「トイレのピエタ」(15年)の松永監督と再タッグを組み、松永監督が脚本も手がけた。「そこのみにて光輝く」(14年)や「万引き家族」(18年)など、数多くの話題作を手がける近藤龍人さんが撮影を担当した。(キョーコ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る