MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐藤健:多数決で「色男」認定 高橋一生は「商売上手男」?

ブック 映画
映画「億男」の初日舞台あいさつに登場した佐藤健さん

 俳優の佐藤健さんが19日、東京都内で開かれた映画「億男(おくおとこ)」(大友啓史監督)の初日舞台あいさつに登場。映画のタイトルにちなんで「佐藤健は○男」というお題が出され、佐藤さんを除く登壇者7人中4人が「色男」という意味の言葉を書き込んだ。それを見た佐藤さんは「これは照れちゃいますね。ありがとうございます」と笑顔だった。

 舞台あいさつには、高橋一生さん、黒木華さん、池田エライザさん、沢尻エリカさん、北村一輝さん、藤原竜也さん、大友監督も出席した。佐藤さんの「色男」の理由について、高橋さんは「役としていろいろな色を持っているので」、黒木さんは「やっぱり色っぽい方。目を細めたりされると『おお!』となる」、北村さんは「チラリと見られたらドキッとする」と説明。大友監督は「『蒼男』と書いて『いろおとこ』と読みます。ガスコンロのように青白い炎があるからね。炎は、赤よりも青の方が温度が高い」と説明して、観客から拍手を浴びていた。

 「高橋一生は○男」というお題で、佐藤さんは「商売上手男」と書き入れた。理由を聞かれると、高橋さんについて「(自転車好きを意味する)『チャリ男』なのですが、高橋さんとチャリの話をして、気付いたら僕がチャリを買っていた。さっきもコンビニで買った歯ブラシで歯磨きをしていたら、高橋さんが3万円ぐらいする電動歯ブラシを持ってきて『アプリと連動しているんだよ』と言っていました。僕はきっと、その歯ブラシを買うんです」と明かして、周囲を沸かせた。高橋さんは「健君に見せたくて。喜んでくれる顔が浮かんだ」とうれしそうだった。

 原作は、今作でプロデューサーを務める川村元気さんの同名小説。兄の3000万円の借金を背負った一男(佐藤さん)が、3億円の宝くじを当てるものの、高額当選者の悲惨な人生を知り、大学時代の親友で億万長者の九十九(高橋さん)にアドバイスを求める。再会と豪遊で酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた……というストーリー。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る