MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:第39回「父、西郷隆盛」 西郷、菊次郎と再会も… 最終章の明治編スタート!

テレビ
NHKの大河ドラマ「西郷どん」第39回の一場面 息子の菊次郎(城桧吏さん)と再会した西郷隆盛(鈴木亮平さん) (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第39回「父、西郷隆盛」が21日放送される(総合・午後8時ほか)。明治2(1869)年、吉之助(鈴木さん)は「隆盛」と改名。奄美大島で愛加那(二階堂ふみさん)と共に暮らしていた息子の菊次郎(城桧吏さん)を引き取るが、菊次郎は幼い頃に離ればなれになった父のことを覚えておらず……という内容で、ドラマは最終章の通称・明治編に突入する。

 隠居し、故郷で穏やかな日々を過ごしていた隆盛は、奄美大島から9歳になる息子・菊次郎(城さん)を引き取る。しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華さん)とその息子・寅太郎に遠慮し、心を開かない。

 明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進めるも、不平士族や農民たちが各地で反乱。そこで大久保利通(瑛太さん)は事態を収拾すべく、隆盛を東京に呼び戻そうと従道(錦戸亮さん)を派遣する。

 「西郷どん」は大河ドラマ57作目で、西郷隆盛の生涯を描く。

 第38回「傷だらけの維新」は、江戸無血開城後も旧幕臣や浪士の抵抗は続き、戦火は拡大。苦境に立たされた新政府軍は、薩摩藩に援軍を要請する。討伐軍を編成するため、帰郷した吉之助に、西郷家の次男の吉二郎(渡部豪太さん)は「自分も戦働きがしたい……」と訴える。ほどなくして吉二郎は信吾らとともに越後へ出立。戦場では、長岡藩が導入した新式の武器で新政府軍に多くの死傷者が出る中、さらなる悲劇が起こる……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る